家賃滞納|不動産トラブル

家賃滞納の不動産トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。家賃滞納された場合の契約解除、それ以外のリスクへの対応方法を解説します。

Q 家賃滞納をされています、どうしたら良いですか?

賃借人側から、事前に何か申出等がありませんでしたか?申出等もなく、家賃滞納となっている場合、早めに賃貸借契約を解除することが必要です。3か月分の滞納となった場合、契約を解除した方が良いでしょう。

滞納家賃を回収するのは難しいことがあります。たとえば、相手が無職になっていれば、強制執行でも回収困難な場合があります。そのため、敷金で回収できる金額に留める必要があります。

Q 家賃滞納以外の心配・リスクは?

家賃を滞納し、かつ、何も申出等がない場合、その他の心配・リスクもあります。たとえば、賃借人が亡くなっている場合があります。また、賃借人が、部屋を汚染した状態にしていることもあります。さらに、家賃滞納を黙認すると、今以上に支払いが行われないようになります。

それぞれの状態に応じて、キチンと対処することが大切です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます