原状回復と敷金|不動産トラブル

原状回復と敷金に関する不動産トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。賃貸物件の原状回復の意味、敷金返還請求の範囲について、正しく理解しましょう。

Q 賃貸アパート等の原状回復義務とは?

原状回復義務とは、借りた当時の状態に戻すことではありません。借主が、故意・過失等によって棄損した状態等の回復を行なうことを言います。

経年劣化、通常の使用による損耗等によって、修繕費用が必要になることがあります。たとえば、経年劣化した畳・クロスの張り替えです。賃借人は、そのような修繕費用を負担する義務はありません。

Q 賃貸アパート等の敷金返還請求とは?

敷金返還請求とは、貸主に対し、敷金の返還を求めることを言います。敷金は、賃借人の債務を担保するために、契約時に差し入れたお金のことを言います。賃借人の債務としては、原状回復義務、賃料支払い義務等があります。

原状回復義務は、前述のとおり、経年劣化等の損耗は対象となりません。そのため、特に問題がなければ、敷金は返還しなければなりません。しかし、貸主が、敷金を返さないことがあります。このような場合に、敷金返還請求が問題になります。敷金をキチンと返してほしい場合、弁護士に相談することをお勧めします。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます