現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

借地・借家|不動産トラブル

借地・借家の不動産トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。土地・建物の賃貸に関する法的ルールは、一般にはあまり知られていません。独自に対応せず、弁護士に相談しましょう。

Q 土地を貸す場合、どのような制限がありますか?

土地を貸す場合、借地借家法による規制があります。借地借家法は、土地・建物の賃借人を保護している法律です。

たとえば、建物が必要な場合、土地を借りてその上に建物を建築することがあります。建物は何十年と使い続けることが多くあります。そのため、借地の契約期間が短いと、借主は不利益を被ることがあります。また、建築した建物も、短期間で取り壊さなくてはなりません。もったいないとも考えられます。そこで、借地借家法では、借地契約の最低存続期間を30年としています。

また、借地契約の期間満了後、契約が終了するとはしていません。借地借家法では、法定更新が認められ、その法定更新の期間も決まっています。最初の法定更新が行われると、20年以上の新しい契約がスタートします。また、2回目以降の更新が行われると、10年以上の新しい契約がスタートします。

なお、貸主側から更新拒絶することは可能です。ただし、更新拒絶は正当事由がないと認められません。

Q 長期の借地契約を避けるにはどうすればよいですか?

長期の借地契約を避けるためには、借地借家法の特別規定を利用する必要があります。借地借家法では、定期借地権、事業用定期借地権、建物譲渡特約付借地権の契約を認めています。いずれも、契約期間が過ぎれば、借地契約が終了します。法定更新はありません。

最短の契約期間は、次の表のようになります。

弁護士に対し、①どのような類型の借地契約にすればよいのか、②どういう契約書を作成すべきか等を相談することができます。弁護士に相談・依頼することで、大切な土地のトラブル発生を防止することができます。

Q 建物を貸す場合、どのような制限がありますか?

建物を貸す場合、借地借家法による規制があります。借地借家法によって、賃借人が保護されています。賃借人の住居を確保するため、次のような特別の規制があります。

賃貸借契約の契約期間が経過した場合の規制についてです。賃貸人が何もしなければ、契約が自動更新されます。
自動更新された契約は、期間の定めがない契約として続きます。

賃貸人が、契約期間経過後、契約を終わらせたいと考える場合についてです。
賃貸人は、更新拒絶の通知を行なう必要があります。
更新拒絶の通知を行なう期間は限定されています。右図のように、契約終了日の1年前から6か月の間です。
また、更新拒絶が認められるためには、「正当の事由」が必要になります。
なお、更新拒絶の通知を行なった場合、借主が期間満了後も使い続ける場合があります。この場合、直ちに異議を申し立てる必要があります。

Q 長期の借家契約を避けるには、どのようにすれば良いですか?

長期の借家契約を避けるためには、同じく、借地借家法の特別規定を利用する必要があります。借地借家法では、定期建物賃貸借の制度があります。定期建物賃貸借にするためには、公正証書等の書面によって、契約の更新がないこととする旨を定める必要があります。

また、賃貸人は、あらかじめ、賃借人に対し、「建物賃貸借に契約更新がなく、期間満了によって建物賃貸借が終了する」ことを書いた書面を交付して、説明しなければなりません。弁護士に相談・依頼することにより、安心して定期建物賃貸借制度を利用することが可能になります。弁護士は、このような契約書関係の作成・チェックを専門にしています。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます