現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

仲介業者|不動産トラブル

仲介業者に関する不動産トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。仲介業者の報酬や責任について、トラブルになった際の解決方法を理解し、早期に弁護士にご相談ください。

Q 不動産の仲介業者とは?

仲介業者とは、不動産の売買・賃貸借等について、代理・媒介を行なう業者のことを言います。なお、媒介とは、契約が成立するように労力を尽くすことを言います。

たとえば、駅前の不動産屋に行くと、数多くの賃貸物件、売却物件が掲示されています。その物件の所有者は、通常、その不動産屋とは別の人です。多くの場合、不動産屋は、賃貸物件等の所有者(家主)から、賃貸契約が成立するように媒介を受けているだけです。なお、仲介業者は、法律上、宅地建物取引業者(宅地建物取引法2条2号)に該当します。

Q 仲介業者と、どのようなことでトラブルになりますか?

たとえば、仲介業者への報酬をめぐるトラブルがあります。また、仲介業者の説明不足によって損害を被るトラブル等があります。土地・建物等の不動産取引は、何千万円が動く高額な取引になります。また、不動産取引では、不動産の評価が重要ですが、その評価は難しいです。また、欠陥のある不動産のその欠陥を見つけるのは難しいです。

これらの事情があるため、国によって、宅地建物取引業者の免許制が定められています。つまり、宅地建物取引業者が、不動産取引の代理・媒介を行なうことによって、買主・売主の不測の損害を防止することを予定しています。

しかし、逆に言えば、不動産取引は専門的なものであり、難しいです。そのため、宅地建物取引業者も、ミスをすることがあります。また、不動産取引の代理・媒介の報酬は安くはありません。

Q 仲介業者とのトラブルは、どのように解決したら良いですか?

仲介業者とのトラブルを解決する方法としては、次のような手続等があります。

仲介業者、その他の不動産トラブルの手続等
苦情処理機関、相談機関等 内容など
①公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会(ハトのマーク) ・宅地建物取引業法に基づき設立された社団法人(同法64条の2)
・会員への苦情解決、債務保証等の業務を行う
・上記は、宅地建物取引業法上の要請(同法64条の3)
・全国の宅地建物取引業者のうち8割が加盟
・なお、会員は、公益社団法人全国宅地建物取引業協会(ハトのマーク)にも同時に加入
②公益社団法人全日本不動産保証協会(うさぎのマーク) ・宅地建物取引業法に基づき設立された社団法人(同法64条の2)
・会員への苦情解決、債務保証等の業務を行う
・上記は宅地建物取引業法での要請(同法64条の3)
・ハトのマークに入会していない会員は、概ね、こちらに入会
・なお、会員は、公益社団法人全日本不動産協会(うさぎのマーク)にも同時に加入
③県庁の建築管理課など(宅地建物取引業法の所管課) ・宅地建物取引業法違反の指導監督を行なう立場から、苦情相談の申立てを受け付ける
・損害賠償などの民事的な内容への介入はせず、上記の行政上の指導監督に尽きる
④一般財団法人不動産適正取引推進機構 ・裁判外紛争処理(ADR)
・専門的知識を持つ紛争処理委員が、中立・公正な立場で解決を図る
・なお、当該推進機構は、宅地建物取引資格試験を実施する機関
⑤公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター ・国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の中立・公正な相談窓口
・一定の要件を満たす住宅、又はリフォームの見積もり等の専門家相談(建築士、弁護士)も行う
・弁護士会の住宅紛争審査会の窓口を行なう
⑥弁護士会の住宅紛争審査会 ・住宅の品質確保の推進等に関する法律に基づき、国土交通大臣の指定を受けた裁判外紛争処理機関(ADR)
・弁護士が、建築士などの協力を得て、あっせん、調停、仲裁を行い、話合いによる紛争解決を目指す制度
・公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターから、上記のあっせん等の委託を受けている

なお、最終的な解決として、民事裁判があります。民事裁判を踏まえて、予め弁護士に相談しておくことは有益です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます