DV・モラハラ|男女トラブル

DV・モラハラの男女トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。DVとは、恋人や配偶者からの肉体的暴力・虐待をいい、モラハラとはDVの中でも精神的虐待を意味します。

Q 配偶者から暴力を受けています。しかし、他に行くところがありません。どうしたらいいでしょう。

配偶者から暴力を受けていても、住む場所がほかにないため、逃げ場がないというケースもあります。また、子供がいるため、子供を置いて、あるいは子供の生活環境を変えてまで逃げることを躊躇してしまう人もいます。

様々な理由から、DVを受けていながら、どうしても現状から逃れられない人も多いのです。また、どうやってもその境遇から逃れることができないとあきらめてしまっている人もいます。

近年、DV防止法の制定があったこともあり、DVに対する防衛手段は増えました。ただ、実際上、どういった手段があるのか、まだ多くの人に周知されている状況とはいえません。

DVから避難する手段がわからない、どう対処していいか知りたい、弁護士に対処を依頼したい、どんな相談でも結構です。DVにお悩みの場合には、一度弁護士に相談してみてください。まずは、法律相談だけでも、知識を得るだけでも変わってくると思います。

Q 食私に対するDVはともかく、子供に対する暴力、暴言をなんとかしたいのですが。

配偶者に対するDVと同じくして、子供に対する暴力や暴言の問題もあります。

配偶者に対してDVが行われている場合、それ自体が子供にとって悪影響を及ぼす可能性があり、子供の環境を適切なものに改善していく必要があります。

DV防止法では、子供に対する接近禁止命令が規定されています。また、事案によっては、親権喪失又は親権停止の審判申立てなどの手段もあります。法的な制度のほかに、児童相談所や学校、警察の支援を受けることも考えられます。

そういった手段、方法をアドバイスする他、それらの準備や代理人としての活動を、弁護士が行うことができます。子供に対する暴力、暴言についてのお悩みも、ぜひ一度弁護士に相談してください。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます