現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

養育費|離婚

離婚や養育費について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。養育費トラブル、養育費の合意、養育費と面会交流の関係について理解することができます。

Q 離婚後、養育費のトラブルを教えてください。

子どもの養育費を決めないで離婚することがあります。この場合、今後、養育費の支払いをめぐって、トラブルになることがあります。

養育費を決めない場合として、相手から養育費をもらいたくないというケースがあります。たとえば、「養育費をもらうと、子どもを会わせないといけない。」と思って、養育費をもらわないケースがあります。また、相手が頼りなく、「養育費をもらえない。」とあきらめているケースもあります。

このような場合、子どもの面会交流等と関連してトラブルになることがあります。確かに、相手方に経済力がなければ養育費の金額は減ります。しかし、養育費の金額が0になることはありません。子どもの生活を守る必要性があるからです。

このような場合、養育費の合意をしているだけで大きく違ってくることがあります。
合意等がなければ、過去の養育費の支払い請求権が認められないことがあるからです。養育費の算定、請求方法等、分からないことが多いと思います。お気軽に弁護士にご相談ください。

Q 離婚後、面会交流について教えてください。

夫婦が離婚しても、子どもとの関係は変わりません。父親、及び、母親として子どもと今後もかかわっていくことになります。

子どもの健全な成長にとっては、実の親と関わり合いがあるのは大切なことです。したがって、子どもとの面会交流は重要です。養育費の支払いと同じく、重要になります。

離婚の際、面会交流まで取り決めていないことがあります。その場合、親権を持つ親と話合い、どのような面会交流にするかを決めます。話合いで解決できない場合、調停(審判を含む)で解決することになります。

面会交流の回数・方法等は、双方の考え方、子どもの年齢、環境等によって様々です。たとえば、月に1回面会交流を行なうことを合意する場合があります。他方、4か月に1回の面会交流に留める場合もあります。

なお、時と場合により、面会交流が子どもに悪影響を与えることもない訳ではありません。このような場合、面会交流の回数・方法等の変更を求めることが可能です。相手が応じない場合、調停(審判を含む)を求めていくことになります。

Q 離婚後、養育費以外の財産的な請求にはどのようなものがありますか?

まず、財産的な請求には、財産分与があります。

財産分与とは、夫婦で築き上げた財産を清算することを言います。離婚の際、財産分与を取り決めないことがあります。財産分与は、離婚から2年の間に請求しなければなりません。

しかし、夫婦の財産は、分割を前提に築いてきたわけではありません。そのため、不自然、不公平な分割になることもあります。たとえば、購入した住居があった場合、どのように分割するかは難しい問題です。住宅ローンの支払いもあります。
このような場合に、弁護士に相談・依頼することは有益です。弁護士は、権利・義務関係をくわしくわかっています。また、財産分与の比率、考慮すべき事情、実務の運用等を知っています。弁護士に相談・依頼することで、後悔しない財産分与が可能となります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます