現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

離婚|慰謝料

離婚、離婚の慰謝料について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚の慰謝料を請求できる場合はどういう場合か、請求するためにはどうすればよいかについて、理解しましょう。

Q 離婚の際、どのような場合に慰謝料請求が認められるのですか?

離婚に伴う慰謝料請求は、離婚によって生じる精神的苦痛に対する損害の賠償です。理論的にいえば、離婚の原因となるものに対する精神的苦痛と、離婚自体に対する精神的苦痛に分けることもありえますが、実務的には、離婚という問題を一つの不法行為ととらえることが多いです。

離婚は、一般的にそれだけでも相当な苦痛を伴うものですが、必ず慰謝料請求が認められるわけではありません。

個別の事情によって異なりますが、認められやすいもの、そうでないものの典型例は以下のとおりです。

典型例 認容可能性
配偶者の不貞行為 認容可能性が高い
暴力 認容可能性が高い
悪意の遺棄 認容可能性が高い
婚姻生活不協力 内容によっては認容される
性交拒否・性交不能 内容によっては認容される
性格の不一致 認容されにくい
価値観の相違 認容されにくい

いずれも程度や証拠関係に左右されます。

自分の場合はどうだろう、と疑問に思った場合には、一度弁護士に相談してください。    

Q 慰謝料請求をしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?

離婚に際して慰謝料請求をする、といっても、様々な方法が考えられます。

慰謝料請求といえば、訴訟をするしかない、とお考えの方もおられるかもしれませんが、裁判外の交渉で円満にまとまることもあります。

また、慰謝料額について合意をした場合でも、一括で払わず、分割で支払うということも多くあります。分割払いで問題になるのは、後に支払いが滞る可能性があることです。

慰謝料請求にあたっては、事案に応じて最も適切な手段で、かつ、後日きちんと支払いがなされるようにすることが大切です。

慰謝料請求に当たっては、事前にきちんと準備しておくことが大切です。離婚に伴い、慰謝料請求をしたいが、どうしていいかわからない場合には、是非一度弁護士に相談してください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます