現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

離婚届の書き方|離婚

離婚、離婚届の書き方について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚届の方式や、離婚届の証人がいない場合の対応について、理解することができます。

Q 離婚届の書き方を教えてください。

離婚届の書き方ですが、その他の市役所への届出書とあまり変わりません。
住所、氏名、本籍を書くことは同じです。また、特に難しいところはありません。

その他、離婚届に書くことは、①離婚の種別、②離婚前の氏に戻る者の本籍、③未成年者の氏名、④同居の期間、⑤別居する前の住所、⑥別居前の世帯の主な仕事、⑦夫妻の食病、⑧届出人の署名・押印、⑨証人の署名・押印、住所、本籍地などになります。

一番重要なのは、⑧届出人の署名・押印になります。夫婦両名の署名・押印が必要になります。これがないと、離婚届は効力がありません。それぞれの直筆で書く必要があります。

Q 離婚届の証人がいませんが、どうしたら良い?

離婚届の記載欄には、成人の証人2名による署名・押印が必要となっています。婚姻届の際には、証人を頼みやすいですが、離婚届の場合、証人を頼みにくい状況はあります。

弁護士等に、離婚届けの証人を依頼することができます。弁護士が、双方の離婚意思を確認して、証人として署名・押印します。それほど費用がかかることはありません。

なお、インターネットを中心に、離婚届けの証人の代行をする業者がいます。代行に必要な国家資格(行政書士等)さえ持たない業者のことです。離婚届の郵送により、証人の署名・押印をするようです。

しかし、離婚届は、個人情報のかたまりです。本籍地、住所、氏名、離婚、子どもの親権まで書かれています。資格等もなく、また、素性もよく分からない業者に、離婚届を送付することはリスクがあります。また、このような業者が、夫婦双方の離婚意思を適切に確認しているかは疑問があります。弁護士等に対して、離婚届けの証人を依頼するのが一番安心です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます