離婚したいとき|離婚

離婚について知りたい、離婚したいときに、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚する方法、話し合いでの離婚、裁判離婚について理解することができます。

Q どのようにしたら離婚できますか?

離婚するために大切なのは話合いです。お互いの考えていることは、案外、分かっていないことが多いです。また、離婚したいと思うような出来事があったら、その都度伝えていく方がよいと考えます。このようなことの積み重ねで、離婚をするのがお互いにとって一番良い解決になります。

他方、上記のようなことをしない場合、離婚トラブルになることが多くあります。たとえば、これまでのことが我慢できなくなり、離婚を切り出す場合があります。この場合、通常、相手は、「突然」のことに驚きます。相手は、一方が我慢してきたことを知らないことが多くあります。また、我慢を知っていても「離婚」につながるような程度と考えていないことが多いからです。

そうすると、相手は心の準備が出来ていません。また、「浮気相手がいるのか」等と疑心暗鬼に陥ることもあります。また、離婚は、大きな人生の節目であり、失うものも大きいです。特に、子どもがいる場合は尚更です。

そのため、離婚の話が進まず、離婚トラブルに発展することがあります。

Q 話合いで、離婚問題が解決できない場合は?

話合いをしても離婚問題が解決できない場合もあります。その場合は、法的な手続を検討する必要性があります。弁護士に相談することで、具体的な法的手続のアドバイスを受けることができます。

離婚手続では、①協議離婚、②調停離婚、③離婚裁判等があります。
夫婦の間の話合いで離婚するのは、協議離婚(①)になります。話合いで離婚できなかった場合、弁護士に離婚交渉を依頼して協議離婚(①)を続けることもできます。

また、調停手続を利用して調停離婚(②)を目指すこともできます。離婚調停においても、弁護士に依頼することができます。弁護士が交渉に入ることで、相手が感情的にならず、冷静に話し合えることがあります。また、夫婦の財産関係、子どもの親権、養育費等について、問題なく解決することができます。

また、調停手続では、第三者の調停委員が仲裁をしてくれます。調停員が間に入ることで、相手も冷静になることがあります。ただし、調停手続は、必ずしも、ご本人様の利益になるわけではありません。調停員が合意をまとめようとするあまり、不公平な合意内容になることもあります。そこで、調停手続でも、弁護士を付けることは重要なことになります。

Q 離婚裁判について教えてください。

離婚調停でも話合いがまとまらない場合、最終的には離婚裁判をするという選択肢があります。離婚裁判をするには、事前に調停手続が必要となります。

裁判は、法律に基づいて行われます。そのため、離婚裁判で離婚できるようにするためには、民法770条1項の法定離婚原因を満たす必要があります。

法定離婚原因は、次の5つになります。つまり、①不貞行為、②悪意の遺棄、③3年以上の生死不明、④回復の見込みのない強度の精神病、⑤婚姻を継続し難い重大な事由の5つです(民法770条1項)。

ただし、離婚裁判になっても、判決で離婚という形はあまり多くありません。裁判の中で、和解という形で終了することが多くあります。今後のこと、特に子どもがいる場合のことを考えると、できる限り、和解で解決するのが良いです。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます