重傷・後遺症|交通事故

重傷や後遺症の残る交通事故について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。そのような重大事故の場合、保険会社は大幅に低い金額を提示します。弁護士が関与すると、得られる金額が大幅に増えます

Q どのくらいの怪我が「重傷」でしょうか?

どのような怪我を「重症」と言うかは、場面によって異なります。ですが、概ね30日以上の治療を必要とする場合、「重症」と評価されることが多いでしょう。「重症」の場合、後遺症があることが多くあります。しかし、重症だからといって、必ず後遺症となる訳ではありません。

後遺症とは、治療を終えても、元の状態に回復しなかった症状を言います。後遺症の有無は、医師が判断します。重症であっても、長期の治療によって元の状態に回復することはあります。そのため、重症と後遺症は必ずしも一致しません。

Q 後遺症がある場合の賠償金額の総額は?

後遺症がある場合、賠償金額の総額は増加します。たとえば、後遺症等級が4級の場合の賠償金の例は、次のようなものになります。なお、4級は、たとえば、「上肢をひじ関節以上で失ったもの」等の程度になります。

【後遺症の賠償金の例】

後遺症がない場合、賠償金の内訳は、治療費、慰謝料、休業損害等になります。

後遺症がある場合、上記に加え、逸失利益、後遺症分の慰謝料が加算されます。後遺症があることで、将来の収入が減ります。また、将来の仕事、生活、社会活動等で支障が生じます。そのため、逸失利益、後遺症分の慰謝料が加算されるのは当然のことです。

Q 後遺障害の等級はどのようにして決まりますか?

後遺障害の等級は、まずは損害保険料率算出機構が認定します。損害保険料率算出機構の認定に不服がある場合、異議を申し立てることができます。異議を申し立てた後の認定に不服がある場合、民事裁判等で等級を決めることになります。

車のドライバーは、少なくとも自賠責保険には加入しています。自賠責保険は、強制加入の自動車保険だからです。そのため、被害者は、まずは、自賠責保険から賠償金を支払ってもらうことができます。損害保険料率算出機構は、自賠責保険の損害調査業務を行なっています。そのため、損害保険料率算出機構が、まずは、後遺症の有無・等級を認定します。

しかし、自賠責保険の損害調査業務は、通常、書面の調査になります。書面の調査は、迅速ですが、被害の実態を見落とすこともあります。そのため、自賠責保険の損害調査業務は絶対的なものではありません。また、損害賠償をめぐるトラブルの最終解決は裁判所がすべきものです。したがって、最終的には、民事裁判等で後遺障害の等級を争うことができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!交通事故を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで交通事故の無料相談を受ける