遺言書の書き方|遺産相続

遺産相続、遺言書の書き方について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。遺言書の種類にはどういうものがあり、作成するにあたって、どのような注意点があるかについて、理解しましょう。

Q 自筆証書遺言の書き方は?

自筆証書遺言の書き方ですが、遺言者が全てを自書する必要があります。つまり、遺言書の全文、日付、氏名を自書する必要があります。また、印を押す必要もあります(民法968条1項)。

Q その他の遺言書の書き方は?

自筆証書遺言の他には、公正証書遺言、秘密証書遺言等があります。公正証書遺言、秘密証書遺言ともに、一定の方式に従わなければなりません。どちらも、公証役場に行き、手続を行なう必要があります。なお、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言等の方式は重要です。方式を間違うと、遺言が無効になることが多くあります。

また、遺言は方式だけでなく、中身も重要です。中身を検討するため、弁護士に相談・依頼されることをお勧めします。弁護士に相談・依頼することにより、遺言者の意思がより実現できるような遺言書の作成が可能です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます