過失割合|交通事故

交通事故の過失割合について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。交通事故の過失割合は、実務上、事故類型ごとに画一的に決まりますが、有利な結果を得るためには、弁護士の関与が大切です。

Q 交通事故の過失割合とは何ですか?

過失割合とは、交通事故での当事者の過失の割合のことを言います。交通事故では、当事者双方に過失があることが多くあります。過失割合は、双方に過失がある場合に、賠償金額を公平に負担させるものになります。

たとえば、歩道のある道路において、歩行者が歩道を通らずに車道の端を歩行していたとします。この場合に、乗用車が、前方不注意で歩行者をはねてしまいました。上記の事例では、乗用車は、歩行者の怪我の責任を負います。前方不注意であったからです。しかし、歩行者も、歩道を通らなかったという過失があります。このような場合に、乗用車が賠償額の全てを負担するのは不公平になります。

そこで、乗用車の負担割合に歩行者の過失割合を反映することになります。上記の事例では、歩行者と自動車の過失割合は、2:8になります。そのため、乗用車が負担する賠償金額のうち、2割分は減額されることになります。

Q  過失割合は、どのようにして決まりますか?

過失割合は、道路交通法の交通ルールをもとにしています。事故発生時の具体的な状況も過失割合では考慮されます。また、歩行者、自転車、乗用車等の運行形態も大きく影響します。なぜなら、乗用車は、人を死傷させる可能性のある危険な乗り物です。そのため、乗用車の運転手は、歩行者の安全を守る義務があります。したがって、乗用車と歩行者の事故では、乗用車の過失割合が大きくなっています。

実務では、過失割合に関する「基準」をもとにして、過失割合を算定することが多くあります。過失割合に関する「基準」は、過去の民事裁判の判断を積み重ねたものです。過去の民事裁判では、道路交通法の交通ルール等をもとにしています。

Q 自賠責保険では、過失割合は考慮されますか?

自賠責保険の保険金の支払いでは、過失割合も考慮されます。しかし、過失割合が考慮される程度は緩やかになっています。

自賠責保険とは、交通事故の被害者を共済することを目的にしています。自賠責保険では、基本的な賠償金を受け取ることができます。加害者が任意保険に加入していない場合、被害者は、自賠責保険を利用することになります。

自賠責保険の保険金では、被害者の過失を次のように考慮しています。まず、被害者の過失が7割未満であれば、自賠責保険の保険期の支払いには影響がありません。被害者の過失が7割以上の場合は、次のようになります。

傷害に関する賠償金では、受取金額が2割減額されます。

後遺障害又は死亡に関する賠償金では、
1 過失が7割以上8割未満なら2割減額
2 過失が8割以上9割未満なら3割減額
3 過失が9割以上10割未満なら5割減額になります。
なお、被害者の過失が10割であれば、自賠責保険はおりません。加害者に悪いところがないため、賠償請求自体できないからです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!交通事故を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで交通事故の無料相談を受ける