逮捕されたら|刑事事件

刑事事件で逮捕されたらとお困りで、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。逮捕された場合でも、直ちに弁護士に依頼して、勾留を阻止できれば、早期に留置場から釈放されます。

Q 逮捕されたら、どのような不利なことがありますか?

逮捕されると、直接・間接的に不利なことが発生します。

直接的に不利なことは、強制的に取調べを受けることです。また、逮捕に伴って、捜索・差押えを受けることがあるということです。強制的に取調べを受けることで、最悪の場合、虚偽の自白をしてしまうことがあります。「やっていないこと」を「やった」と自白してしまうということです。

捜査官の取調べは、威圧的であることもあります。それに加え、身柄を拘束されているので、取調べを拒否することができません。「早く社会に戻りたい」という思いから、虚偽の自白をしてしまうことがあります。たとえば、痴漢事件での虚偽自白は社会問題にもなりました。

また、留置場に身柄を拘束されることで、社会生活できなくなります。これが、逮捕の間接的な不利益です。社会生活できなくなれば、職場に通うことができなくなります。2,3日の欠勤でも対応が大変です。ましてや、23日間も休むことになれば、職場から解雇される可能性もあります。また、職場に逮捕の事実が判明することもあります。また、職場だけでなく、ご家族にも心配をかけることになります。

Q  家族が逮捕されたら、どうしたら良いですか?

ご家族が逮捕された場合、すぐに弁護士に相談することが重要です。弊所では、24時間LINEで無料相談を受け付けています。また、ご家族が逮捕中のご相談は、相談料無料です。もちろん、弁護士が相談に応じます。

必要があれば、弁護士が面会に行くことができます。逮捕された場合、ご本人様は動揺されています。弁護士がすぐに面会に行くことで、ご本人様は落ち着きを取り戻すことができます。

また、弁護士が、法律上の権利、取調べの注意点をアドバイスいたします。初期の段階でこのような状態であれば、刑事手続を有利に乗り切ることも可能になります。

Q 逮捕された家族との面会(一般面会)の方法は?

ご家族が、逮捕中の家族と面会することは困難です。ご家族が面会できるのは、通常、逮捕後の勾留手続後になります。ただし、接見禁止処分がついていれば面会することはできません。

一般面会は、おおむね、平日の午前8時30分から午後5時15分です。土日、祝日等は面会することができません。面会時間は、15分程度になります。ただし、勾留中のご本人様は、1日に1回しか面会することができません。多くの一般面会は、警察署の留置施設で行います。面会の電話予約はできません。直接、警察署に行き、受付してもらう必要があります。

他方、弁護士面会は、土日、祝日でも可能です。また、面会時間帯の制限もありません。夜間でも面会可能です。面会の時間も制限されておらず、何時間でも可能です。また、弁護士面会では、警察の係り等の立会人はいません。ご本人様と面会するのが難しい、また、弁護士を通じて濃いコミュニケーションをとりたい場合等には、弁護士による面会代行が有用です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける