起訴と不起訴|刑事事件

刑事事件の起訴と不起訴について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。起訴されると前科がつきますが、弁護士に依頼して被害者と示談し、不起訴になれば、前科がつかないで済みます。

Q 起訴とは何でしょうか?

起訴とは、検察官が刑事処罰を求めることを言います。起訴されると、刑事裁判がはじまります。なお、起訴されないことを不起訴と言います。検察官には、起訴・不起訴の裁量があります。犯罪を行なってしまった場合、必ず、起訴される訳ではありません。

起訴されてしまうと、統計上、99パーセント以上の確率で有罪になっています。有罪になると、前科が付きます。そのため、不起訴処分を目指すことが重要になります。

犯罪白書によれば、平成25年において、検察庁が最終的に処理した事件の不起訴率は65.2パーセントになっています(刑法犯と特別刑法犯を含む全体の数字になります)。この数字から分かるように、不起訴を目指すのは現実的な方法です。

そのため、弊所では、24時間365日体制で専門スタッフが電話の対応をしております。刑事事件で、不起訴処分までの時間はとても短いからです。刑事事件はスピードが命と言えます。

Q  不起訴処分を目指すには?

不起訴処分を目指すには、被害者と示談を成立させることが重要です。示談成立のためには、できる限り早くに弁護士に依頼することが必要です。検察官には、起訴・不起訴の裁量があります。被害者と示談が成立すれば、当事者の間では紛争が解決したと言えます。また、被害回復もなされています。そのため、検察官が、あえて起訴する必要性が乏しくなります。このようなことから、検察官は、起訴・不起訴の判断では、示談の成立を重視します。

また、犯罪の中には親告罪と呼ばれるものがあります。たとえば、強姦罪などになります。親告罪とは、被害者の告訴がなければ、検察官が起訴できないものを言います。親告罪では、被害者との告訴取消を含む示談は、とりわけ重要になります。被害者との告訴取消を含む示談が成立すれば、起訴されることはないからです。

Q 不起訴のメリットを教えてください。

不起訴になるメリットは、罰金、懲役刑などの刑罰を受けなくてもよいということです。懲役刑になれば、刑務所に服役しなければなりません。刑務所に服役することで、職を失うことが多くあります。また、家族とも離れて住むことになります。

罰金、懲役刑を受けると、前科が付きますが、これも大きな負担になります。後日、就職活動を行なう際に、前科を聞かれることがあります。また、将来の結婚の際にも前科が影響することもあります。

したがって、不起訴になるメリットは、とても大きなものになります。不起訴の事実は、不起訴処分告知書で証明することができます。弊所では、不起訴処分を獲得できた際には、検察官から不起訴処分告知書を入手しています。ご依頼者に、無料で不起訴処分告知書を交付しています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける