財産分与|離婚

離婚や財産分与について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚にかかわるお金の問題として、慰謝料、財産分与、婚姻費用、養育費について理解することができます。

Q 離婚にかかわる「お金」の問題について教えてください。

離婚にかかわる「お金」の問題には、財産分与、慰謝料、婚姻費用、養育費、年金分割等があります。

夫婦が離婚すると、今後は、別々の生活を営むことになります。それぞれの生活のためには、財産関係を清算する必要があります。「財産分与」の話になります。

また、離婚原因を作り出した方には、慰謝料を支払う義務があります。たとえば、不倫、暴力(DV)、ギャンブルなどが原因で離婚につながることがあります。その場合、その程度に応じて、慰謝料を支払う義務があります。

まだ離婚していないが、別居生活になっている場合があります。別居していても、夫婦であることには変わりません。親族間には、扶養義務があります。そのため、その収入等の事情に応じて、生活費、つまり、婚姻費用を支払う義務があります。

また、離婚した場合、子どもの生活費が問題になります。子どもの養育は、親権を持つ方が行います。しかし、親権を持つ方にだけ負担をかけるのは良くありません。子どもの親は、離婚しても変わらないからです。そこで、親権を持たない方が、子どもの生活費を支払う義務があります。これを、養育費といいます。

Q 財産分与について教えてください。

財産分与は、夫婦で築いた財産を半分ずつ分ける形になります。

たとえば、婚姻中、夫が働いて給料を得ています。その給料が預貯金で残っている場合があります。このような場合、その預貯金は、基本的に、夫婦で半分ずつ分ける形になります。なぜなら、夫が働いている一方、妻も、家事労働等をこなしています。妻のおかげで、夫の給料収入があるからです。

財産分与は、法律的に複雑になる場合が多くあります。たとえば、購入した住居に住宅ローンが付いている場合、どのように分割するか等が問題となります。また、財産だけでなく、借金の清算も問題になることがあります。

弁護士は、財産分与、財産の法律関係に詳しいです。弁護士に依頼することで、安心できる離婚協議書の締結につながります。

Q 婚姻費用、養育費について教えてください。

養育費は、子どもの生活費になります。子どもの生活費のうち、自己負担分を支払うことになります。

婚姻費用は、婚姻中の生活費になります。養育費と異なり、子どもの生活費だけでなく、配偶者の生活費の一部も含まれます。なお、離婚する前は、婚姻費用になります。離婚後は、養育費になります。

養育費は、月払いが一般的です。養育費は、子どものためのお金です。そのため、離婚の際には、子どものためにキッチリ定めておく必要性があります。

弁護士に相談・依頼することで、養育費の取決めまで包括的に離婚手続に対応してもらえます。離婚は大きな人生の分岐点です。冷静に判断できるよう弁護士に相談することが重要になります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます