警察の呼び出し|刑事事件

刑事事件における警察の呼び出しについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。呼び出しの理由は様々ですが、今後逮捕される可能性も十分ありますので、早期に弁護士にご相談ください。

Q どのような理由で、警察からの呼び出しがされますか?

呼び出しの理由は、様々です。警察から呼び出しがあると心配になります。もし、事前に呼び出しの理由が分かれば、心配も減ります。しかし、呼び出しの理由は推測することしかできません。

警察からの呼び出しの理由は、様々になります。大きく、①被疑者等として呼び出しを受ける場合、②参考人として呼び出しを受ける場合があります。

Q  被疑者等として呼び出しをする理由は?

まず、被疑者を刑事処分するために、呼び出しをする場合があります。刑事処分のためには、証拠が必要です。証拠としては、自白、及び、自白情報から派生する物証が必要になるからです。なお、微罪処分、起訴猶予にする場合も、呼び出しは行われます。

また、ストーカー事案の場合、ストーカー行為防止の措置として呼び出しが行われることがあります。警察から厳重注意をされ、誓約書へのサイン等が求められます。

逮捕の証拠を得るために、呼び出しをする場合があります。逮捕のためには、ある程度の証拠が必要になるからです。たとえば、自白証拠を得ることができれば、逮捕は円滑になります。

ただし、逆に、逮捕しない代わりに呼び出しをする場合もあります。逮捕の要件が満たされても、逮捕は被疑者の負担になります。そのため、逮捕を避けて、事情聴取をしていく必要があるからです。

さらに、当事者同士での解決ができそうか確認するために、呼び出しをする場合もあります。軽微な事案の場合、当事者同士で解決できれば、必ずしも警察が介入する必要性はないからです。

警察が呼び出しをする理由(例) 備考
刑事処分のための証拠収集 自白、物証を得るための情報収集
ストーカー行為の防止措置 誓約書等を求められる
逮捕のための証拠収集 ただし、逮捕を回避するため、呼び出しを行なうこともある
当事者同士の解決の確認 被害弁償、示談の成立等の確認

Q 警察の呼び出しを受けたら?

警察の呼び出しを受けた場合、警察による取調べに備える必要があります。犯罪を疑われているが、やっていない場合、自分の記憶を整理しておく必要があります。予定表、日誌などで当時の状況を思い出して整理してください。

このような準備をしておけば、不正確な供述調書が作成されることを防ぐことにつながります。あいまいな事項は、警察の圧迫・誘導等によって不利に供述調書が書かれることがあるからです。

また、確かに、警察が客観的な観点から、言い分を聞いてくれることもあります。しかし、警察は裁判所ではなく、一方当事者です。そのため、裁判所のように公平・中立に聴取する訳ではありません。この点も踏まえ、毅然と対応する必要があります。

また、逮捕の可能性も考えられる場合、逮捕された場合のことも備えておく必要があります。飼っているペットのお世話、仕事への差し障りなど、今対処できることを行なっておいた方がよいでしょう。

また、示談成立に向けて動く必要がある場合もあります。ご本人様が示談交渉する場合、証拠隠滅等と疑われることもあります。また、相手と冷静な話合いができないこともあります。

刑事事件との対処とあわせて、示談交渉を弁護士に相談・依頼されることをお勧めします。警察からの呼び出しがあった場合、弁護士に相談・依頼することで、今後の対応を冷静に検討することができます。また、逮捕等された場合に迅速に弁護士が対応できます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける