解決までの流れ|交通事故

交通事故の解決までの流れについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。交渉では過失割合や損害額で折り合いがつかなければ、裁判での解決となりますが、いずれにしても弁護士の関与が大切です。

Q 示談交渉をスタートするのはいつですか?

示談交渉をスタートする時期は、おおむね次の図のようになります。

示談は、通常、全損害の解決になります。そのため、治療を終えて、全損害が確定した段階で、示談交渉をスタートさせる必要があります。

一方、治療を終えても後遺症が残る場合があります。この場合、後遺症分の損害も請求する必要があります。そこで、自賠責保険の後遺障害等級認定後に、示談交渉をスタートさせた方が良いでしょう。

治療費の内払い等は、いつから請求されても大丈夫です。

事故発生時から、いつでも弁護士に相談できます。確かに、治療に専念するのが一番大事です。しかし、保険会社が、治療費の打ち切りを行なってくることもあります。そのような場合、事前に弁護士に相談しておけば、安心して対応することができます。

Q  加害者側との示談交渉の流れは?

自動車事故の場合、加害者の多くが任意保険に入っています。そのため、多くの被害者は、加害者の保険会社と示談交渉していく流れになります。保険会社の提示する保険金は、通常、適正な裁判基準よりも低い金額になります。また、保険会社は、保険金の金額を減らすことで利益が出るという構造になっています。また、保険会社の担当者は、交通事故の示談交渉に慣れています。

このため、被害者側に弁護士が付く必要性は高いと考えます。例えば、図のように、被害者加入の自動車保険に弁護士費用特約が付いていることがあります。この場合、通常、被害者は、弁護士費用を負担せず、弁護士に依頼できます。

また、弁護士費用特約がなくとも、弁護士費用を払って、弁護士を付けるメリットは大きいです。

保険会社との示談交渉では、弁護士に相談・依頼することが重要になります。

Q 民事裁判の流れは?

保険会社等との示談交渉がまとまらない場合があります。示談交渉は、当事者双方の合意が必要であり、一方が譲らなければまとまりません。このような場合、最終解決として民事裁判を起こすことになります。

民事裁判では、裁判官は中立・公平な立場にあります。そのため、当事者が、自らの権利を勝ち取るための努力が必要になります。その努力の一つとして、良い弁護士に依頼することが重要です。民事裁判での主張・立証は、専門的な知識・実務経験があった方がうまく行きます。特に、示談交渉でまとまらない難しい案件はそう言えます。

民事裁判で判決が確定すると、保険会社等は保険金を支払います。保険会社が、示談交渉でいくら拒否していても、判決が全てになります。ご自身の権利を勝ち取るため、裁判はとても大事な制度になります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!交通事故を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで交通事故の無料相談を受ける