被害者参加制度|犯罪被害者

犯罪被害者の被害者参加制度について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。近年、犯罪被害者が、加害者である被告人の裁判において発言する制度ができました。

Q 被害者参加制度とは、どのような制度なのですか?

被害者参加制度では、被害者加害者の公判積極的に関与し、一定の訴訟活動を行うことができる制度です。

上記にも記載しましたが、これまで、犯罪被害者は、加害者の公判に積極的に参加することができませんでした。しかし、被害者参加制度等の整備により、犯罪被害者の方が、加害者の公判に積極的に関与することができるようになりました。

制度 対象事件 関与内容
被害者参加制度 ・故意による殺傷事件
・強姦・強制わいせつ罪
・過失運転致死傷罪
・逮捕・監禁
・検察官の訴訟活動に対する意見、説明を求めること
・情状に関する証言に対しての尋問
・意見を述べるために必要な限度での被告人質問
・訴因の範囲内における意見陳述
心情等の意見陳述制度 ・全ての事件 ・被害者の心情を法廷で述べる
優先傍聴 ・全ての事件 ・優先的に傍聴することができる

Q 被害者参加することに不安があるのですが・・・。

被害に遭われた方が、裁判に参加することは、非常に勇気のいることです。事件のことを思い出すだけで、冷静なお気持ちになれないこともあると思います。それでも、加害者の裁判に関与して、きちんと気持ちを伝えたい、適切な処罰を与えたい・・・

我々弁護士は、そのようなご要望についても、法的な知識面のみならず、精神的にも全力でサポートいたします。

弊所は、これまで刑事事件を多く取り扱ってきました

もちろん、加害者側の弁護活動も多く手掛けてきました。加害者側の弁護をしたことがあるからこそ、被害者の方々の怒りや悲しみ、気持ちを、効果的に伝える技術があります。

あなたの気持ちをしっかり伝えたいならば、是非弊所弁護士にご相談ください。刑事事件を多く手掛けてきたノウハウ技術で、あなたの希望を実現する手助けをいたします。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます