現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

自己破産|借金トラブル

借金トラブルや自己破産について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。自己破産は、デメリットもいくつかありますが、借金がチャラになる点が大きなメリットです。

Q 自己破産手続は、どのような手続ですか?

自己破産手続とは、財産を清算し、又、負債を免除する法的手続を言います。自己破産手続は、「財産を取り上げられてしまう」というネガティブなイメージを持たれています。確かに、自己破産する人が、多額の資産を持っている場合、財産の清算も問題になります。

しかし、自己破産手続の件数の多くを占めているのは、借金の返済に苦しんでいるケースです。借金の返済に苦しんでいる人には、清算すべき財産がほとんどないケースが多いです。そのため、自己破産手続は、あくまで経済生活の再生のために利用されていることが多くあります。

そこで、自己破産手続は、負債の免除を公的に行うという手続と捉えた方が良いと考えます。その考えの方が、破産法の目的と実態に沿います。

Q 自己破産した場合のメリット・デメリットは?

自己破産手続を利用した場合のメリット・デメリットは、次の表のようになります。
メリット・デメリットの比較表
自己破産のメリット 自己破産のデメリット
・原則として、借金の元金、利息、遅延損害金の全てが免除
・借金に関するストレスがなくなる
将来の備えを作ることができる
・経済的に再スタートすることができる
・過大な財産は清算
・連帯保証人へ請求が行く
・クレジットカード、ローンの利用が数年間できなくなる
・警備員、保険外交員、税理士等の資格制限になる(ただし、復権を得ることも可能)
上記の表のメリット・デメリットは一例です。また、各メリット・デメリットの大きさは、ご本人様の状況でかなり異なります。ご自身だけで、自己破産のメリット・デメリットを判断すると間違った結論になることもあります。弁護士に対し、債務整理全般についてご相談することをお勧めします。弁護士が、正確かつ実情にあったアドバイスをいたします。

Q 自己破産後に注意することはありますか?

再度の借入れについて注意する必要があります。晴れて自己破産手続が集結し、再スタートを切っていると思います。また、再度の借入れ等をしないと思っている人が多くいます。実際、弁護士、裁判官等から、「二度と同じようなことはしないように。」と注意を受けたと思います。

しかし、時が過ぎることで、また安易に借入れに頼ろうとする気持ちが出てくることがあります。借入れは、絶対にすべきではないとは言いません。ただ、同じような結果になることは回避してください。

特に、ヤミ金融からお金を絶対に借りないように注意してください。ヤミ金融は、官報の自己破産者の情報を見て、広告等を入れてくることがあります。また、インターネット上に、「ブラック、自己破産していても、融資可能です」等と宣伝しています。

ヤミ金融から借りた場合、暴利に近い金利をとられます。ヤミ金融からお金を借りて当面の生活が楽になることもあります。しかし、近い将来、必ず、ご自身の首を絞めることになります。生活するための資金がない場合、生活保護等の公的扶助を検討してください。その際も、弁護士がご相談に乗ることができます。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます