相続税対策|遺産相続

遺産相続と相続税対策について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。相続税制改正で、相続税の課税対象が広がりました。節税の部分と合わせて、トラブルにならない相続対策を行いましょう。

Q 相続税の対策をとる必要性は?

平成27年相続税制の改正により、課税対象となる人が増加します。これまでは、相続税を納める人の割合は少ない状態でした。しかし、相続税の改正により、相続税が、以前より身近になりました。

ですが、相続税の対象が広くなる一方で、相続税法上、節税の方法も新しく認められています。そのため、課税対象となる可能性が高い人は、キチンと相続税の対策をとられた方が良いでしょう。

Q 相続税対策について注意すべきことは?

相続税対策は、通常、税理士に相談することになります。しかし、税理士に相談するだけでなく、弁護士に相談することも必要です。税理士は、節税の観点からアドバイス等を行ないます。しかし、遺産相続の問題において、税金は主目的ではありません。主目的は、ご本人様が望み、かつ、トラブルが少ない「遺産相続を可能」にすることにあります。

弁護士は、法律の専門家として、ご本人様が望むような遺産相続となるよう、アドバイス等することが可能です。また、弁護士は、遺産分割調停等の事件を通して、どのようなトラブルがあるかを知っています。弁護士にも相談・依頼されることをお勧めします。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます