相続分|遺産相続

遺産相続の相続分について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。法定相続分の意味を理解した上で、具体的にどの程度の財産を相続できるのかを、事例を用いて解説します。

Q 法定相続分とは何ですか?

法定相続分とは、亡くなった方の財産・負債を相続する割合のことを言います。法定相続分の割合は、民法によって定められています。たとえば、相続人となるのは、妻などの配偶者、子ども、両親、兄弟姉妹など様々です。相続人の続柄によって、法定相続分は異なります。

民法は、各相続人が、財産・負債を公平に相続できるような割合で、法定相続分を定めています。

Q 法定相続分の具体的な割合を教えてください。

法定相続分の割合は、相続人の構成によって異なります。民法では、次のように定めています。なお、「法定相続人となる人」が決まってから、「法定相続分の割合」が決まるという順番になります。また、「法定相続人となる人」が誰かは、2-1「相続人」の記事をご覧ください。

【相続人】
配偶者と子どものケース

【相続分】
配偶者:2分の1
子ども:2分の1

【備 考】
子どもが複数人いる場合、2分の1の相続分を更に等分した割合になります。
たとえば、子どもが2人いる場合、子ども1人当たりの相続分は4分の1になります。

【相続人】
配偶者と両親のケース

【相続分】
配偶者:3分の2
両 親:3分の1

【備 考】
両親が複数人いる場合、3分の1の相続分を更に等分した割合となります。
たとえば、父親と母親がいる場合、父親の相続分は6分の1となります。

【相続人】
配偶者と兄弟姉妹のケース

【相続分】
配偶者:4分の3
兄弟姉妹:4分の1

【備 考】
兄弟姉妹が複数人いる場合、4分の3の相続分を更に等分した割合となります。
たとえば、兄と妹がいる場合、兄の相続分は8分の1となります。

Q 指定相続分とは何ですか?

指定相続分とは、亡くなられた方が、生前、遺言によって、相続人の相続分を任意に定めることを言います。法定相続分の相続割合と異なる割合が定められます。確かに、民法は、相続人間の公平を考えて、法定相続分という相続割合を定めています。

しかし、民法の法定相続分は、あくまで一般的なケースを想定したものになります。したがって、具体的な場合に、法定相続分の割合では、逆に不公平になることがあります。また、財産をどのように処分するかはご本人様の自由です。そこで、指定相続分が定められた場合、指定相続分が、法定相続分よりも優先することになります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます