相続人と順位|遺産相続

遺産相続について、相続人と順位について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。相続した場合の法定相続人、相続人の順位、代襲相続について、正確な知識を習得しましょう。

Q 「相続」とは何ですか?

「相続」とは、亡くなった人の財産・負債を包括的に承継することを言います。たとえば、亡くなった人が、生前、所有していた預貯金、有価証券、不動産などを所有していたとします。その場合、「相続」によって、預貯金等の所有権を取得することが可能となります。また、亡くなった人の不動産ローン、借入金などの負債も、「相続」によって、同時に引き継ぐことになります。

相続制度があることにより、親世代から子世代への財産・負債の円滑な承継が可能となります。

Q 誰が相続人になりますか?

民法で、相続人となる人(法定相続人)が定められています。なお、遺言によって、法定相続人と異なる人を相続人とすることもできます。

民法では、相続人となる人は、一定の親族とされています。親族とは、配偶者(妻又は夫)、子ども、親、兄弟等のことです。親族の中で、相続人となる順位も決まっています。

まず、亡くなった方に、配偶者がいる場合、配偶者は、常に相続人となります。

配偶者以外の誰が相続人となるかは、次のように定められています。

⑴ 亡くなった方に、子どもがいる場合
【相続人】配偶者と子ども
【備 考】子どもがいる場合、その他に相続人となる人はいません。
また、すでに子どもが亡くなっていた場合、代襲相続制度があります。

⑵ 亡くなった方に子どもがおらず、両親がいるケース場合
【相続人】配偶者と両親
【備 考】両親がいる場合、その他に相続人となる人はいません。

⑶ 亡くなった方に子どもがおらず、両親もいない場合
【相続人】配偶者と兄弟姉妹
【備 考】すでに兄弟姉妹がなくなっていた場合、代襲相続制度があります

Q 「代襲相続」とは何ですか?

代襲相続」(だいしゅうそうぞく)は、相続開始の前に、法定相続人が死亡していたとき、法定相続人の子どもが代わりに相続する制度のことを言います。

相続制度は、親世代から子世代へ、財産等の承継を行なう制度になります。財産が川上から川下へ流れていくようなイメージを持たれるとイメージしやすいと思います。

たとえば、ご本人様の財産は、息子に承継され、更に孫に承継されていきます。この「孫の相続」に対する期待を保護するのが、「代襲相続」という制度になります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます