相続の限定承認|遺産相続

遺産相続と、相続の限定承認について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。限定承認とはどういう手続か、具体的な手続方法はどういうものか理解しましょう。

Q 相続の限定承認とは何でしょうか?

限定承認は、相続の仕方の一つになります。財産の限度で債務を受け継ぐという手法になります。たとえば、亡くなった方の借金が不明な場合があります。一方で、財産が借金を上回る可能性がある場合もあります。このようなケースで、過大な借金を負担しないようにするため、限定承認を利用することがあります。

Q 相続の限定承認の手続は?

限定承認は、自分のために相続が開始されたことを知った後、3か月以内に限定承認の申述を行なう必要があります。限定承認の申述は、家庭裁判所で行います。また、限定承認は、相続人全員で行う必要があります。

弁護士に相談・依頼することで、問題のない限定承認が可能となります。また、限定承認は、注意すべきことが多くあります。弁護士に相談・依頼することをお勧めします。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます