無実の証明|刑事事件

刑事事件の無実の証明について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。無実を証明すれば、不起訴になり、前科がつかないで済みます。そのためには、刑事専門の弁護士に依頼することが大切です。

Q 無実を証明する必要性は?

たとえば、犯罪の中で、痴漢事件の無罪率は高いです。被害者の誤解、嘘の証言、粗い見込み捜査によって冤罪は作られて行きます。

警察、検察も人間です。何百件以上もの事件処理をするため、当然、間違いをすることはあります。そのため、警察、検察に信じてもらうことだけを考えていると、冤罪になってしまうことがあります。そのため、ご本人様側が、積極的に無罪を証明していくことが必要になります。

Q  無実の証明で、弁護人の役割は?

前述のとおり、ご本人側が、積極的に無罪を証明していくことが必要です。ご本人様側にとって、弁護人は大きな役割を持っています。

ご本人様の無罪を基礎づける事実関係、証拠関係を集める必要性があります。ご本人様が逮捕・勾留されている場合、ご本人様は上記のようなことはできません。このような場合、弁護士がご本人様のために弁護活動に尽力します。

また、捜査側の強引な取調べ等によって、虚偽の自白をしないことが重要です。弁護人は、虚偽の自白防止のため、ご本人様と面会することができます。面会では、後の刑事裁判を見据え、アドバイス等をします。また、違法な取調べがなされている場合、弁護人が抗議等を行ないます

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける