現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

氏・戸籍|離婚

離婚、離婚後の氏・戸籍について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚した場合に、本人や子供の氏・戸籍はどうなるのか、旧姓の継続使用の方法について理解することができます。

Q 離婚すると、姓(名字・氏)はどうなりますか?

離婚すると、姓(名字・氏)を変えた方が、旧姓に戻ることになります。

前提として、民法上、結婚すると、男性又は女性のどちらかが、他方の姓(名字・氏)にしなければなりません(民法750条)。しかし、離婚すると、このような結婚制度の効力がなくなります。そのため、結婚に際して姓を変えた方が、旧姓に戻ることになります(民法767条1項)。

もっとも、旧姓に戻るのは不便なことも多くあります。これまでの姓と変わると、覚えてもらうために時間がかかります。また、離婚のことをも知られる可能性があります。そこで、これまでの姓を使用し続けることも可能です。そのためには、離婚後3か月以内に市町村役場に届出を行う必要があります(民法767条2項)。

Q 離婚すると、戸籍はどうなりますか?

離婚すると、姓を変えた方が、夫婦の戸籍から除かれます。

戸籍とは、生まれた時から死亡する時までの親族関係を登録したものです。戸籍によって、日本国籍も証明することができます。

婚姻すると、通常、夫婦の戸籍がつくられます。戸籍の筆頭者は、最初に戸籍に記載されている人のことを言います。夫婦の戸籍の筆頭者ですが、夫の姓を選んで婚姻すると、夫が筆頭者になります。他方、妻の姓を選んで婚姻すると、妻が筆頭者になります。

夫婦の戸籍から除かれるのは、筆頭者ではない方になります。筆頭者ではない方が、婚姻前の姓に戻る場合、婚姻前の戸籍に戻ることになります。ただし、新戸籍編製の申出をすると、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることができます(戸籍法19条1項)。

また、これまでの姓を使い続ける届出をした場合、自分を筆頭者とした新しい戸籍を作ることになります(戸籍法19条3項)。

Q 離婚した後、子どもの姓や戸籍はどうなりますか?

離婚した後、子どもの姓や戸籍は変わりません。そのため、親権を持つ方と子どもの姓・戸籍が異なることがあります。

たとえば、母親は戸籍の筆頭者でないことが多く、戸籍から除かれます。また、母親の姓も、旧姓に変わることがあります。そうすると、母親が親権を持つ場合、子どもと戸籍・姓が異なることがあります。

このような場合、不便なことがあります。そこで、子どもの戸籍と姓の変更が可能となる制度が設けられています。

離婚について弁護士に相談することで、離婚後の姓、戸籍等を含む多くのことが円滑に解決することが可能になります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます