早期釈放と保釈|刑事事件

刑事事件の早期釈放と保釈について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。釈放・保釈は時間との戦いです。早期に刑事専門弁護士に依頼し、過酷な身柄拘束からの解放を実現しましょう。

Q 釈放、保釈とは何でしょうか?

釈放(しゃくほう)、保釈(ほしゃく)は、どちらも身柄の解放を意味します。つまり、刑事施設から出て、社会生活を営むことができます。

釈放は、逮捕・勾留の効果がなくなる場合に行われます。たとえば、逮捕は最大72時間の身柄拘束しか認めていません。逮捕から72時間後には、逮捕の効力が切れます。この時に、釈放されると言います。ただし、勾留手続がとられると身柄拘束は続き、釈放されません。

保釈は、起訴後に認められた特別の制度です。勾留の効果がなくなる訳ではありません。罪証隠滅・逃亡などを防止するため、一定の条件のもとで身柄拘束を解かれることになります。

Q  家族が逮捕されました。いつ釈放されますか?

いつ釈放されるかは、ケースバイケースになります。しかし、釈放のタイミングは、いくつかあります。

逮捕されると、最大72時間の身柄拘束がなされます。逮捕中に取調べ等が行われます。取調べ等の結果、刑事処分すべきでないと判断されることがあります。そのような場合、身柄がすぐに釈放されます。また、比較的軽微な事案の場合も、身柄拘束が解かれることがあります。

他方、逮捕後に引き続き身柄拘束が続くこともあります。逮捕後に勾留手続がとられる場合です。勾留されると、最初10日間の身柄拘束となります。また、勾留の延長もあり、最大10日間の延長がなされます。

勾留中、検察官が取調べ等を行ないます。勾留満期には、検察官が起訴・不起訴を判断します。そのため、勾留満期で、検察官が不起訴とすれば、身柄は釈放されます。また、検察官が、略式請求で罰金刑とした場合も、身柄は釈放されます。

他方、検察官が、起訴とした場合、身柄拘束が続く場合があります。刑事裁判中の身柄拘束を解くのが、保釈の制度になります。

弁護士をつけて、釈放を働きかけることで、予定よりも早く釈放されることがあります。また、勾留の阻止ができる場合もあります。身柄拘束を解かれると、職場を休むこともありません。また、家族とともに生活することができます私たちの法律事務所では、ご家族が逮捕されている方の法律相談は無料となっています。

Q 保釈による身柄の解放を教えてください。

前述のとおり、保釈は、起訴後に認められた身柄解放の制度です。しかし、罪証隠滅・逃亡などを防止する必要性から、身柄解放に一定の条件が付きます。

保釈の条件のうち、一番重たいものは保釈保証金の納付になります。罪証隠滅・逃亡などを確実にしないようにするため、保釈保証金の納付が要求されています。そして、罪証隠滅・逃亡をしてしまうと、保釈保証金が没収されてしまいます。なお、何も問題がなければ、保釈保証金は戻ってきます。

保釈保証金の金額は、事件の内容、被告人の財産等によって異なります。一般の人であれば、150万円から200万円程度になります。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます