教材・学校|消費者トラブル

教材・学校の消費者トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。高額な教材の購入や、大学とのお金のトラブルについて、消費者を保護する制度を理解しましょう。

Q 高額な英語学習教材を購入し2てしまいました。どうにかして解約できないでしょうか?

学習教材を訪問販売または電話勧誘販売により購入した場合、契約概要が書かれた書面の交付を受けてから8日間以内であれば、クーリングオフ制度により無条件で解約できます。

クーリングオフ期間を経過してしまった場合でも、教材の業者からの勧誘時に、事実とは異なる内容が説明され、または不利益な事実について説明がされない場合には、契約を取り消すことができます。

最近よくある、「聞き流すだけで英会話が習得できる」という宣伝文句の英語教材について、実際には効果がなかったと感じる方がいらっしゃると思います。

しかし、残念ながら、このような広告を信じて購入した消費者が、購入済みの教材を解約することは、特約がない限り、難しいのが実情です。

消費者保護関連の法律は、必要最低限の特別なルールで消費者を保護していますが、法制度がカバーできない消費者被害もあります。消費者も、自分の権利は自分で守るという意識を持ち、賢明な消費判断を行う必要があるでしょう。

しかし、実際に消費者トラブルにまきこまれてしまった場合には、事案によっては、有利な解決を図れる場合もありますので、ぜひ弁護士にご相談ください。

Q 滑り止め用の大学に学生納付金を支払った後、入学を辞退しました。返還されないでしょうか?

大学入試に合格した際、第1志望の大学の合否が判明するまでの間、学生納付金を納めておき、入学できる地位を確保しておくことがあります。

納付金のうち、入学金として徴収される部分は、高額すぎない限り、いったん入学手続を行えば、学期開始前であっても返還を受けることはできません

一方、納付金のうち、授業料として徴収される部分は、4月1日入学の大学であれば、3月31日までに入学辞退の申入れを行えば、返還を受けることができます

一方、4月1日以降の入学辞退であれば、原則として授業料部分の返還も受けることはできません。

3月31日以前の辞退 4月1日以降の辞退
入学金部分 返還されない 返還されない
授業料部分 返還される 返還されない

大学入学のための学生納付金は高額になりがちです。一度、弁護士にご相談いただければ、入学関連の要項なども踏まえて、個別事案に応じた適切なアドバイスを行います。適切な手続をすれば、支払った納付金の返還を受けられる場合もあります。

Q 小学生の息子のため、家庭教師サービス付き学習教材を購入しました。解約できないでしょうか?

今回の教材購入が、訪問販売や電話勧誘販売に該当すれば、8日以内でのクーリングオフ制度による契約解除が可能です。

一方、クーリングオフ期間が経過しても、教材販売が家庭教師サービスに付随するものであり、家庭教師の契約期間が2か月を超え、金額が5万円を超えるものであれば、中途解約権を行使できます。

ただし、販売業者からは、「教材の販売が主たる内容であり、家庭教師は補助的なサービスで、教材とは別の契約または特典である」との反論がされることが考えられます。

中途解約ができるか否かは、家庭教師サービスと教材販売が一体といえるかどうかで判断が分かれます。

教材と家庭教師サービスは一体の契約 教材の販売と家庭教師は別個の契約(特典)
中途解約可能 中途解約不可

この場合、教材の販売勧誘の際、販売員からどのような説明がされていたかが重要になります。このようなトラブルは、専門的な法律判断と事案分析能力が必要となりますので、お困りの際はぜひ弁護士にご相談ください。

業者側の説明内容が立証できるよう全力を尽くし、うまくいけば、教材代金の全額の返金を受けられることもあります。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます