損害賠償命令|犯罪被害者

犯罪被害者と損害賠償命令について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。通常の損害賠償と、損害賠償命令はどう違うのか、損害賠償命令のメリットについて、正確に理解し、有効に活用しましょう。

Q 損害賠償命令制度とは何でしょうか?

損害賠償命令制度は、犯罪被害者を援助する制度の一つになります。損害賠償命令制度は、民事の損害賠償請求の裁判手続の特例になります。比較的最近の制度で、平成20年12月から施行されています。

民事事件と刑事事件は、手続が異なります。民事事件は、主にお金の紛争で、民事裁判所を利用することになります。刑事事件は、刑罰を科す手続で、刑事裁判所で審理されます。

そのため、刑事裁判だけしか行われないと、通常、被害者の被害回復にはつながりません。被害者が、金銭的な補償(損害賠償請求)を受け取ることができないからです。しかし、被害者が、民事裁判を起こすのは大変です。刑事裁判の証人等でも大変で、それに加えての労力になるからです。また、つらい事件のことを何度も思い出し、証言するのはとても苦痛になります。

そこで、被害者を保護する法制度の一つとして、損害賠償命令制度が設けられました。損害賠償命令制度のもとでは、刑事裁判官が、民事の損害賠償請求を審理してくれます。被害者の労力等が緩和されることになります。

Q 損害賠償命令制度の手続の流れは?

損害賠償命令制度の手続の流れは、図のようになります。

制度 対象事件 関与内容
被害者参加制度 ・故意による殺傷事件
・強姦・強制わいせつ罪
・過失運転致死傷罪
・逮捕・監禁
・検察官の訴訟活動に対する意見、説明を求めること
・情状に関する証言に対しての尋問
・意見を述べるために必要な限度での被告人質問
・訴因の範囲内における意見陳述
心情等の意見陳述制度 ・全ての事件 ・被害者の心情を法廷で述べる
優先傍聴 ・全ての事件 ・優先的に傍聴することができる

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます