必要な理由|離婚

離婚するために必要な理由について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。離婚事由の種類や、離婚事由があると必ず離婚になるかについて、理解することができます。

Q 離婚事由とは何ですか?

離婚事由とは、離婚裁判が認められる条件のことです。離婚したいと考える場合、相手から合意が得られないことがあります。そうすると、協議離婚はできません。しかし、そのような場合でも、一定の事情があれば裁判で離婚が認められます。そのような一定の事情を離婚事由と言います。

離婚事由は、次のとおりです。①配偶者の不貞、②悪意の遺棄、③生死が3年以上不明、④強度の精神病にかかり回復の見込みなし、⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由(民法770条1項)。

Q 離婚事由があると、必ず離婚になりますか?

離婚事由があっても、必ず離婚が認められるわけではありません。離婚事由と一口に言っても、程度の強さは様々です。夫婦のこれまでの関係、子どもの状況等、様々な事情を考慮して離婚が認められます。

民法上も、「裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。」(民法770条2項)としています。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます