弁護のメリット|借金トラブル

借金トラブルの弁護のメリットについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。厳しい借金の取立てが止まり、以降の金利の支払いが免除され、破産手続をとれば借金がチャラになるメリットがあります。

Q 借金のトラブルで弁護士をつけるメリットは?

借金のトラブルに対処する方法としては、様々なものがあります。たとえば、任意整理、特定調停、民事再生手続(小規模個人再生手続又は給与所得者等再生手続)、破産手続などを利用することが考えられます。

弁護士をつけるメリットは、ご本人様の状況で一番良い方法を選択できることになります。また、弁護士が、各手続の申立て等を行い、借金トラブルを解決できるということも大きなメリットになります。

また、弁護士が守秘義務を負っているという点もメリットになります。倒産に関する話は、機密性が高い情報です。自営業の場合、倒産の話が漏れてしまうと取引先・従業員が離れていきます。まだ倒産の可能性があるという状況から、実際に倒産してしまう状況になってしまいます。しかし、弁護士は守秘義務を負っています。弁護士に話した内容が外に漏れることはありません

また、借金のトラブルがあることで、窮地に陥ってしまうことがあります。窮地に陥ると、冷静な判断をすることが難しくなります。また、破産法等では、禁止されていることも多くあります。たとえば、倒産状態で、一部の債権者にだけ返済すること等です。破産法で禁止されていることを行なうと最悪の場合、免責されません。窮地に陥った人が、何でも安心して相談できる法律家は、とても大きなメリットになります。

Q 弁護士に依頼すると、どのようなことをやってくれますか?

弁護士は、①正確な事実関係の把握と②法的手続を行ないます。関係書類等を調査して、①正確な事実関係を把握することは、とても大事なことになります。事実関係が異なれば、適用できる法制度も異なります。また、見通しも異なるからです。借金トラブルでは、次の図のように、弁護士は、正確な事実関係を把握し、法的手続を行ないます。

STEP1
借金トラブルでは、まず、借金の事実関係を正確に把握する必要があります。

借金の事実関係を正確に把握することで、様々なことが見えてきます。

STEP2
借金と同様に、収入・財産を正確に把握することも重要です。

ご本人様にとって、予定外のことが起きないよう、弁護士はしっかり事実関係を調査いたします。

STEP3
倒産手続の選択は、借金と収入等を正確に把握してからでないと行うこができません。

特定の手続を選択した後になって、後悔することがないよう、事前の調査は重要になります。

Q 各手続で弁護士を付けるメリットは?

任意整理、特定調停、自己破産等の各手続で、弁護士を付けるメリットは次のような点になります。
各手続の弁護士のメリット
各手続 弁護士をつけるメリット等
任意整理 ・弁護士をつけないと実施困難
・破産手続の可能性がある場合、破産手続を見据えた任意整理をしてもらえる(問題視される行為の予防になる)
特定調停手続 ・依頼者側に立った詳細なアドバイスをもらえる
・特定調停後のリスク等の説明を受けることができる
民事再生手続 ・民事再生の利用が可能か合理的なアドバイスをもらえる
ヤミ金融 ・警察との連携がしやすくなる
・正確なアドバイスをもらえる
破産手続 ・免責されやすくなる
・破産手続の期間が短くなりやすい
・残せる財産が増加しやすい

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます