現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

弁護のメリット|犯罪被害者

犯罪被害者の弁護のメリットについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。警察対応、マスコミ対応、示談交渉、損害賠償請求等について、弁護士がサポートできる内容をご説明します。

Q 犯罪の被害に遭ってしまいました。でも、そもそもどうしたらいいのか、どんなことをすべきなのか、全くわかりません。

犯罪の被害に遭った場合、まずは警察に届け出ることを考える方も多いでしょう。

その一方で、様々な事情から警察への届け出を躊躇する方もおられます。

被害届を出したら、もしかして報復されたりしないだろうか、自分も怒られたりしないだろうか、職場にトラブルを知られないだろうか・・・。結局、わからないまま日が過ぎてしまい、泣き寝入りしてしまうこともあります。

弁護士が介入することによって、事案に応じた適切な対応をアドバイスできます。

また、告訴をする場合でも、初動から弁護士がアドバイスをすることによって、自分で行う労力が省けることはもちろん、警察で門前払いされないで済みます。

日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」は弁護士検索をする際に便利です。

※弊所では、現在、犯罪被害者側の新規相談受付を中断しております。

自分で行う場合 弁護士に依頼する場合
事件後の動き 自分で考えて行動しなければならない。
場合によっては、手遅れになることもある。
経験豊富な弁護士が、事案に応じた適切なアドバイスを行う。
告訴・被害申告 警察に取り合ってもらえない可能性がある 証拠収集のアドバイス、告訴状の作成など、捜査機関が捜査を行いやすいような活動をする
事件の見通し よくわからないことも多い。 経験豊富な弁護士が、事案に応じた適切なアドバイスを行う。

Q 加害者に対して慰謝料請求をしたい。でもどうやればいいのかわからない。訴訟しかない??

犯罪の被害に遭った場合に、相手に対して慰謝料請求など、被害回復のために損害賠償請求をすることは、当然の権利です。

しかし、基本的に捜査機関は、被害者であっても捜査情報をあまり教えてくれません。そのため、事件の被害者でありながら、事件の捜査経過がわからず、知らぬ間に加害者に処分が下っていることもあります。

また、示談交渉になった場合でも、相手方には弁護士が付いていることもあります。相手が法律の専門家となると、結局思ったことが言えないまま、納得できない状況で示談が成立してしまうこともあります。

ご自身のお気持ちをきちんと伝え、納得のいく解決を目指すならば、法律の専門家である弁護士を頼るのも重要な選択肢の一つです。

また、弁護士に依頼することによって、訴訟外で解決を図ることもできる場合があります。その場合には、訴訟で決着するよりもスピーディな解決が可能になります。

日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」は弁護士検索をする際に便利です。

※弊所では、現在、犯罪被害者側の新規相談受付を中断しております。

要望 自分で行う場合 弁護士に依頼する場合
加害者の連絡先を知りたい 捜査機関がトラブル防止のために教えないことがある 弁護士限りで連絡先を聞いて交渉することができる
怒りを伝えたい 不適切な発言により、被害者なのに不利な立場になることがある。
上手く伝えることができない。
弁護士と協議して、事案に応じた適切な対処方法をアドバイスできる。
また、弁護士が代理人になって依頼者様の怒りを伝える。
できるだけ多くの慰謝料が欲しい 上手く交渉できない可能性がある。
相手方に弁護士が付いている場合、交渉力に差が出る可能性がある。
法律の専門家が、法的根拠に則って適切に交渉します。

Q 犯罪被害に遭ってから、精神的に辛い・・・。でも、加害者にはしかるべき罰と、慰謝料請求をしたい。?

お気持ち、お察しします。犯罪被害に遭われた方は、他人から到底理解できない辛いお気持ちになっていると思います。

加害者にはきちんと罰を受けてほしい、そして、被害を受けた分の慰謝料請求はきちんとしたい、
そう思いながらも、精神的な苦痛、事件を思い出してしまう、などの理由から、なかなか自分で行動できない人もいます。

犯罪の被害に遭ったのですから、通常の精神状態で過ごせるはずがありません。そういった場合には、弁護士に依頼し、代理人としての活動を任せてみるべきだと思います。相手方との交渉は、弁護士が矢面に立って行います。

きっと、弁護士は、あなたの代弁者となって、適切な事件解決に役立つと思います。日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」は弁護士検索をする際に便利です。

※弊所では、現在、犯罪被害者側の新規相談受付を中断しております。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます