弁護のメリット|刑事事件

刑事事件の弁護のメリットについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。弁護士に依頼して勾留を阻止できれば、留置場から釈放されます。示談が成立し、不起訴になれば、前科がつかないで済みます。

Q 刑事事件で弁護士がつくメリットは?

刑事事件で、弁護士は依頼者の絶対の味方になります。刑事事件では、警察、検察等の国家から、制限等を加えられます。国家権力に対しては、法律をもとに権利を主張していく必要があります。そのため、刑事事件では、弁護士が必要です。

たとえば、捜査段階で逮捕・勾留による身柄拘束があります。弁護士が付くことで、身柄拘束を解くことが可能となる場合があります。また、刑事裁判では、法律にもとづき争っていく必要があります。弁護士が付くことで、有利な情状事実を明らかにしていくことが可能となります。もちろん、無罪を争う場合、弁護士の主張・立証によって裁判官を説得する必要性があります。

なお、弁護士には、私選弁護士と国選弁護士の二つがあります。どちらも、ご本人様の絶対的味方である点は変わりません。私選弁護士は、ご本人様が委任契約によって選任した弁護士になります。ご本人様が、弁護士報酬を支払うことになります。国選弁護士は、ご本人様のために、国が選任した弁護士になります。国が、弁護士報酬を負担します。ただし、国選弁護士は、ご本人様に資力が乏しい場合の制度になります。

Q  国選弁護士はいつ付きますか?

起訴された段階で、国選弁護士が付きます。これを被告人国選と言います。
また、一定の犯罪では、勾留された段階から国選弁護士が付きます。これを被疑者国選弁護と言います。

被疑者国選の対象事件は、たとえば、殺人などの重大事件のほか、窃盗、傷害などがあります。他方、住居侵入罪、公然わいせつ罪、贈賄罪(賄賂を渡すなど)などは、被疑者国選の対象となりません。

Q  私選弁護士をつけるメリットは?

私選弁護士をつけるメリットは、①時期的なメリット、②内容的なメリット等があります。

まず、①時期的なメリットですが、私選弁護士を付けるのはいつでも可能です。たとえば、警察等に事件が発覚する前から、弁護士に相談することができます。また、逆に、刑事裁判の後半からでも付けることができます。後者の場合、通常、弁護士の交代となります。事件発覚前や逮捕された時等から、弁護士を付けることで、勾留阻止を実現できる場合があります。また、不起訴処分を獲得しやすくなります。

次に、②内容的なメリットですが、まず、私選弁護士に依頼する内容を決めることができます。たとえば、ⅰ弁護士の面会回数、ⅱ刑事事件にかかわる民事事件等を別途依頼すること、ⅲ複数の弁護士をつけること等、契約内容を自由に決めることができます。

また、ご自身の考え方等と合う弁護士を付けることができます。刑事事件は、ご自身の人生にとって大きな分岐点となります。その場合、考え方が異なり、かつ、納得できない処理をする弁護士が付くと後悔することもあります。

さらに、専門性が高く信頼できる弁護士を選ぶこともできます。たとえば、刑事事件を扱ってきた件数は、各弁護士で異なります。また、弁護士ごとに得意・不得意分野も異なります。さらに、各弁護士によって誠実な性格かどうかも異なります。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける