現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

子供の親権|離婚

離婚、子供の親権や離婚にかかわるこどものことについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。親権は、こどもに積極的に関わり、子育てするにふさわしい親に与えられます。

Q 離婚する場合、子どもはどうなりますか?

未成年の子どもがいる場合、親権者を定める必要があります。親権者は、子どもの養育を行なう義務があります。他方、親権者でない方は、養育費を支払う義務があります。

子どもの親権は、まずは話合いで決めます。話合いで親権が決められない場合、離婚調停(審判含む)・離婚裁判で決めることになります。

どちらが子どもの親権を持つかは、子どものことを考えて決める必要性があります。これは、離婚調停・離婚裁判における考え方でもあります。たとえば、これまでの養育状況、経済力、家庭環境、子どもの年齢等の生活環境等を考えて、子どもの福祉の観点から決めることが大切です。

Q 親権をめぐって争っています。どの要素が大事ですか?

前述のように、子どもの福祉の観点が大事です。父親、母親の親権をとりたい気持ちも重要ですが、それだけでは十分ではありません。

親権の争いで、重要な要素は、子どもを養育できる力があるかどうかです。言い換えると、子どもに、積極的にかかわることができるかが重要になります。

子どもにかかわる例を、思いつくまま書いてみます。たとえば、①子どもの着る服を準備する、②栄養のある食事をつくる、③安全な住居を確保する、④しつけをする、⑤生活習慣をつけさせる、⑥勉強の必要性を教える、⑦子どもと会話する、⑧親の考え方を伝える、⑨病気の看病、⑩自立できるようにする、⑪愛情をかける、⑫立派な大人に育てる、⑬色々な体験をさせる、⑭子どもの学校・地域と、⑮進学先の情報収集と相談・・・、その他、書き切れません。

確かに、経済力も、養育できる力の一つです。しかし、上記の例を見ると、それだけでは不十分なことが分かると思います。子どもに積極的にかかわり、実際に子育てをできるかどうかが重要な要素になります。

Q 養育費の支払いについて教えてください。

親権を持たない親は、親権を持つ方の親に対して、養育費の支払いを行なう義務があります。離婚したとはいえ、父親及び母親の両方に、子どもを育てる義務があるからです。

親権を持つ方の親は、養育費の請求をキチンと行う必要があります。養育費の請求は、子どものためのものだからです。養育費の相場は、お互いの収入等をもとにして決められます。

養育費を取り決めていない場合、養育費を合意で取り決めるか、調停手続をとる必要性があります。調停手続で合意できれば、すぐの強制執行も可能になります。

なお、養育費の強制執行は慎重に行う必要がある場合があります。相手方の給与等が差し押さえられることで、相手が会社に居づらくなることがあるからです。相手が会社を辞めて収入が減れば、養育費の支払いに支障が出てくることもあります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます