現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

婚約破棄|男女トラブル

婚約破棄の男女トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。婚約はどういう場合に成立し、どのような効果があるのかについて、正確に理解しましょう。

Q 婚約はどういう場合に成立したといえるのですか?また、婚約はどういう法的効果がありますか?

婚約は、将来結婚しようとうする2人の約束(契約)です。契約の一種として、不当な約束違反に対する損害賠償が認められることがあります。

婚約の場合は、婚姻している場合と異なり、そもそも、婚約が成立しているのかどうか、というところから問題になることもあります。

一般論としては、将来結婚しようとする双方の婚約意思に加えて、一定の婚約を示す事実状態(たとえば、同棲していること、婚約指輪を購入していること、結婚式場の予約をしていることなど)が必要になります。

婚約によってどのような法的効果があるかですが、民法上、直接婚約を規律した法律はありません。

しかし、契約の一種である以上、その約束を履行するため、お互いが協力し、約束の履行に反する行動をとってはいけない、という法的義務が生じることになると解されています。

将来結婚しようという意思の合致のみ 法的保護に値する婚約とまでは言えない可能性がある。
将来結婚しようという意思の合致

婚約を示す事実状態
法的保護に値する婚約として、不当な婚約破棄に対する法的措置の可能性あり

Q 婚約相手が浮気をしました。慰謝料を請求することはできますか?

婚約は、将来結婚しようとうする2人の約束(契約)です。したがって、その約束を不当に、あるいは一方的に破棄した場合には約束違反となり、損害賠償請求が可能となる場合があります。

もっとも、上記Qに記載したとおり、慰謝料請求が可能になる程度の婚約といえるには、2人の約束のほかに、一定の事実状態が必要になります。

法的保護に値する婚約、といえる状態になった場合には、貞操義務も発生すると考えてよいでしょう。その貞操義務に反する行為、すなわち浮気をした場合には、婚約の約束違反(債務不履行)として損害賠償請求が可能になるケースもあります。

このような婚約中の問題についても、慰謝料請求をすることが可能なケースもありますが、すべてのケースで損害賠償請求ができるわけではありません。

損害賠償請求が可能か、弁護士に相談するべきでしょう。弊所弁護士が、親身になってあなたの悩みにお答えします

Q まだ付き合って1カ月ですが、結婚の約束をしました。婚約したといえますか。

結論からいうと、婚約したとはいえない可能性があります。2人が強い愛で結ばれているのはとても素晴らしいことです。

しかし、前のQで記載したように、法的に保護される婚約といえるためには、2人の結婚意思があるだけではなく、一定の事実状態が必要になります。

もちろん、交際を開始して1カ月であっても、婚約したといえる程度の事実状態が備わっていることもあります。

その事実状態を評価することは、総合判断になりますので、もし疑問に思うことがあれば、弁護士に一度相談してみましょう

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます