執行猶予|刑事事件

刑事事件の執行猶予について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。起訴されてしまった場合でも、刑事専門弁護士に依頼して執行猶予を獲得できれば、刑務所に入ることを阻止できます。

Q 執行猶予とはどのような制度ですか?

執行猶予とは、懲役刑などの刑の執行を猶予する制度のことを言います。猶予期間を無事に経過したときは、刑の言い渡し自体が無くなります。刑事裁判では、とてもメリットのある制度になります。

刑事裁判では、無罪等の場合を除き、刑の言い渡しがなされます。刑としては、懲役刑、罰金刑などがあります。たとえば、横領罪には懲役刑しかありません。執行猶予制度がなければ、どうなるでしょうか?どのような横領であっても、刑事裁判になれば、刑務所に服役することになります。なお、「減刑」によって罰金刑になることもありますが、減刑を獲得するのはとても難しいです。

しかし、執行猶予の制度があるため、事情により、横領罪であっても刑務所に行くことを避けることができます。執行猶予を付けるかどうかは、さまざまな量刑の事情がかかわります。

Q  執行猶予のメリットは?

執行猶予のメリットは、判決の日に自宅に帰ることができるということです。
また、無事に執行猶予期間を過ぎれば、刑の言い渡し自体が無くなります。つまり、懲役刑などの刑罰に服さなくても良いのです。

たとえば、懲役刑で刑務所に服役したとします。その場合の不利益は大きいものがあります。勤めている職場は、解雇されるでしょう。1年前後も、出勤できない従業員を雇い続ける職場はないからです。出勤できない理由が、犯罪行為という理由であれば、なおさらになります。

また、刑務所に服役中は、ご家族と過ごすことはできません。ご本人様が、寂しい思いなどをします。また、それ以上に、ご家族が寂しい思いをします。刑務所での面会も、限られた回数しかできません。ご家族に何か困ったときがあっても、助けることは難しい状況になります。特に、ご家族を養うための収入を得ることができません。

また、刑務所での生活は不自由なものです。これまでとは異なり、多くのことが禁止されます。たとえば、食べたい物を自由に食べることはできません。ゲーム、インターネット等の娯楽も制限されます。何かのイベント等に出席したいと思っても、出席することはできません。

このように、同じ懲役刑でも、執行猶予がつくか否かで、雲泥の差が生じます。そのため、執行猶予の獲得に努めるのが重要です。また、執行猶予を得た場合も、執行猶予の取消にならぬよう、細心の注意を払って生活する必要があります。

Q 執行猶予をつけるには?

執行猶予をつけるには、良い「情状」が必要になります。また、消極的な要件として、次の要件が必要です。
①前に禁錮以上の刑に処せられたことがない
②仮に、禁固以上の刑に処せられても、その執行終了後又は執行の免除を受けた後5年経過している
③今回の刑事裁判の刑が「3年以下の懲役」にとどまる

良い「情状」ですが、当然、犯罪にかかわる事実関係が重要になります。たとえば、犯罪類型、被害の程度、悪質性等が考慮されます。しかし、犯罪にかかわる事実は、後で変えることはできません。刑事裁判となった場合、現実的に対応できるのは、犯罪後の事情を良い事情とすることです。

犯罪後の事情として、評価されるのは示談の成立です。また、加害者の反省も評価されます。その他、犯罪行為を二度としないような事情があれば、その事実も大きく評価されます。したがって、弁護士に相談し、一緒に考え、示談、反省等していくことが重要です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける