現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

告訴|犯罪被害者

犯罪被害者の告訴について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。告訴は被害届とどう違うのか、告訴の効力、告訴の受理について、理解しましょう。

Q 告訴ってなんですか?被害届と何が違うのですか?

告訴とは、捜査機関に犯罪事実を申告し、処罰を求める意思表示をいいます。したがって、告訴が捜査のスタートになることも多いのです。

告訴に対し、被害届という制度があります。実のところ、被害届は刑事訴訟法上制度化されたものではなく、あくまで警察に対して自己の被疑を申告する、「任意の書類」になるのです。一方、告訴は刑事訴訟法上定められた制度です。

実際上は、告訴被害届も、捜査のスタートになるきっかけとして、非常に重要な意味があります。

法的に最も大きな違いは、告訴がないと起訴することができない犯罪類型があることです。

Q 告訴がないと起訴することができない犯罪類型とは何ですか?

犯罪の中には、「親告罪」という類型の犯罪があります。親告罪は、告訴がないと起訴することができない、すなわち、処罰することができないのです。

逆にいえば、起訴される前に告訴の取り下げがあった場合には、起訴できず、不起訴になります。

起訴前 起訴後
親告罪 ・起訴の条件
・告訴がないと起訴できない
・取り下げても裁判がなくなるわけではない
親告罪以外の犯罪 ・告訴の有無、取り下げは情状として扱われる
・告訴がなくても起訴できる
・告訴の有無、取り下げは情状として扱われる
・告訴の有無に関係なく裁判を維持することができる

親告罪として定められている類型の犯罪は、様々ですが、以下に代表的な犯罪を例示します

犯罪の種類 具体例
プライバシーに関するもの 名誉棄損罪
侮辱罪
その他 器物損壊罪
一定の条件の下で親告罪になるもの 親族間での窃盗罪
親族間での詐欺、恐喝、横領罪
※上記例示以外にも親告罪となる犯罪は存在します

Q 告訴は簡単に受理してもらえますか?

これはケースバイケースと言わざるをえませんが、場合によってはなかなか告訴が受理されないこともあります。

そのような場合には、捜査機関が告訴を受理しやすいように、準備する必要があります。告訴したいが、受理してもらえるか不安である、事前に見通しを知りたい、など、告訴に関してご不安を抱えておられるかもしれません。

告訴について不安がある場合には、一度弁護士に相談してください。日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」は弁護士検索をする際に便利です。

※弊所では、現在、犯罪被害者側の新規相談受付を中断しております。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます