前科を阻止|刑事事件

刑事事件で前科を阻止することについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。早期に弁護士に依頼し、不起訴処分を獲得できれば、前科を阻止できます。

Q 前科とは何でしょうか?

前科とは、刑事裁判において、刑の言い渡し(確定)を受けたことを言います。刑の言い渡しには、懲役刑、禁固刑、罰金刑、科料があります。前科は、裁判所と市町村役場の犯罪人名簿に登録されます。なお、犯罪人名簿は公開されません。

前科と前歴は異なります。前歴とは、過去に捜査の対象になったことを言います。前歴は事実上のものです。前歴があったからといって、不利益に扱われることはありません。

また、交通違反の反則金を課されたことは、前科にあたりません。また、少年事件での家庭裁判所の審判(少年院送致等)は、前科にあたりません。

Q  前科があることの不利益は?

前科の内容によっては、再度の刑事裁判で不利益な処分につながります。つまり、前科の内容によっては、執行猶予が付きません。また、犯罪傾向があると評価され、量刑が重くなる傾向があります。

また、前科があることで、公務員の資格を失う場合があります。また、職業上の資格の欠格事由になる場合もあります。

また、前科があれば、履歴書の賞罰欄に記入する必要があります。前科を記入しなければ、不実記載になり、将来解雇される可能性もあります。

更に、前科があることで、海外旅行で不便な思いをすることがあります。ビザの発行などで不利益な結果を受けることがあります。

Q 前科をつけないためには?

前科をつけない一番の方法は、犯罪を行なわないことです。これは、当たり前のことですが、注意してもし過ぎることはありません。過失であっても、犯罪になることもあります。たとえば、交通事故の事件です。前科が付くデメリット、負担するその他の不利益を考えてみてください。普段から、このようなことを考えるのが重要です。

しかしながら、実際、犯罪を行なってしまった後は、どうでしょうか?その場合の一番良い方法は、不起訴処分を獲得することになります。

犯罪白書において、平成25年の不起訴率の統計があります。その統計を見ると、不起訴率は65.2パーセントになっています(刑法犯と特別刑法犯を含む全体の数字になります)。不起訴処分を獲得するために、努力するのは現実的な方法になります。

不起訴処分を獲得するためには、できるだけ早く弁護士にご相談ください。刑事事件は、スピードが勝負です。たとえば、逮捕・勾留という身柄拘束を受けた場合、最大23日のうちに検察の処分が決まります。弊所では、24時間365日体制で専門スタッフが電話を受け付けています。この体制は、刑事事件にスピーディーに対応できるためです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける