現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

刑事事件|慰謝料

刑事事件の慰謝料について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。刑事事件で立件されると、被害者と示談を成立させることが大切です。慰謝料は、示談において、最も重要な要素となります。

Q 刑事事件と慰謝料の支払いって、何が違うのですか?罰金とは違うのですか?

たとえば、人を殴ってしまって怪我をさせてしまった場合には、傷害罪となる可能性があります。傷害罪も、怪我の程度によっては罰金刑が科されることがあります。

罰金刑は、行った行為に対し、国が加害者に科す「罰」です。したがって、罰金刑を納める相手は国になります。被害者ではありません。

その一方で、相手に対し怪我をさせた行為、今回ならば殴る、という行為ですが、これは、民事上「不法行為」に該当する可能性が高いです。

不法行為が行われた場合、その程度に応じ、被害者は、加害者に対して、「損害賠償請求」を行うことができます。これは、上記に記載した「罰金刑」とは全く別のものです。

「損害賠償」を「慰謝料」と表現することもあります。厳密には、損害賠償と慰謝料はイコールの関係ではありませんが、少しややこしいので、その説明は省きます。

罰金刑と慰謝料は、納める相手も違いますし、支払の法的根拠も違います。したがって、罰金刑と慰謝料を両方支払わなければならないこともあります。また、罰金刑が科されたからといって、慰謝料が免除されるわけではありません。

刑事罰 民事責任
刑事事件が発生した場合 罰金刑その他刑事処分(実刑判決など) 慰謝料、治療費など損害賠償
金銭を納める相手 被害者、被害者の家族など

Q いずれにせよ、罰金を払うのであれば、被害者に慰謝料を支払う必要はあるの?

事案にもよりますが、多くの刑事事件では、最終的な処分に、被害者との示談が大きく影響します。

最も影響があるのは、検察官が起訴するか、不起訴にするか、検討する前の段階です。示談が成立すれば、不起訴、すなわち刑事処罰を今回はなしにする、という処分をすることもあります。

示談がまとまって、被害者に慰謝料などの支払いが終わっているのであれば、罰金刑の支払いをしなくてよい、という処分が出る可能性があるのです。

罰金刑を超える、比較的重い罪の犯罪であっても、判決までに示談をすることは、有利な情状として考慮される可能性が十分にあります。場合によっては、示談が成立することで実刑判決(刑務所に服役しなければならない刑事罰)を回避し、執行猶予付判決になる可能性もあります。

刑事処分 民事責任
示談あり 有利な情状になる。
場合によっては不起訴処分になることもある。
示談時に一括して解決できる場合もある。
※後述
示談なし 特に変化なし。 損害賠償責任が残る。

Q 示談が処分に対して有利になるのはわかりました。示談をすると、民事上の責任はどうなるの?

示談は、訴訟外での活動になりますから、様々なパターンがあります。

最も典型的なものは、きちんと示談書を作成し、民事上の問題は、この示談をもってすべて解決する、という形をとることです。きちんとした形で示談が成立すれば、民事上の問題も解決するケースが非常に多いです。

他方で、示談をせず、民事上の問題を解決しないまま、刑事処分が出てしまう場合、示談の影響を受けない状態で刑事処分が出る上に、後日訴訟などを通じて損害賠償請求がなされるケースもあります。

もちろん、事案によりますが、刑事処分が出る前に示談をすることは、刑事上も民事上も有利にはたらく可能性が極めて高いといえます。

Q 示談が有益なのはわかりました。では、どうやって示談をすればいいの?

結論から申し上げれば、ケースバイケースです。事案によっては、ご自身で示談を締結することも可能です。

しかし、きちんとした形で示談ができていない場合には、双方が納得せず、紛争が再燃してしまうこともあります。

最も問題なのは、示談を持ちかけたところ、逆に怒りをあおってしまうことです。その場合、処罰感情が高まり、被害者が厳罰を希望するケースもあります。

示談の成立はもちろん、円滑な示談成立のためには、示談経験豊富な弁護士に依頼することが、一番適切な方法です。

弊所は、これまで多数の刑事事件を取り扱ってきました。刑事事件は、1件あたり、複数人の被害者がいることもあります。そのため、弊所の弁護士は示談の経験も多く積んでおります。示談がご希望の場合には、一度弊所にご相談ください。

メリット デメリット
自分で示談を行う ・費用がかからない。 ・そもそも、示談が開始できない可能性がある。
・示談交渉がうまくいかない場合がある。
・示談書の記載方法がわからない。
弁護士に依頼する ・アトムなら、示談交渉経験豊富な弁護士が対応。
・示談方法などの適切なアドバイスが可能。
・法的に有効な示談書を作成できる。
・費用がかかる。
※あくまで一般論です。個別の事案によって異なります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます