出会い系サイト|消費者トラブル

出会い系サイトの消費者トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。サイト業者から不当に高額な会費を請求されるトラブルや、実際に相手と会ってからトラブルが多いようです。

Q 出会い系サイトで、保証金を払えば稼げる、とメールが来ました。

簡単に稼げるという謳い文句のもと、出会い系サイトでこのような勧誘がなされることがあります。そして、このようなケースで、保証金が返って来ず、トラブルになることがあります。こういったケースの場合で重要なことは、絶対に保証金を支払わないことです。

一旦支払ってしまっても、詐欺であった場合、理論的には返金を求めることができます。しかし、簡単に相手を特定するのが難しい上に、返金の要求を無視する業者もいます。そうなると損害の回復が困難になります。

謳い文句に釣られて安易にお金を振り込んでしまわないように注意する必要があります。

Q アドレスを交換するために、高額のポイント購入を求められました。

出会い系サイトでは、最終的に任意の相手と連絡先を交換することが目的となりますが、いざ、連絡先を交換する、という段階になって、高額の利用料金やポイント購入を求められるケースがあります。

支払をしたところ、結局連絡がとれなくなり、さらなる課金を求められるケースもあります。また、類似する問題として、高額の利用料金を突然請求されるケースもあります。

また、出会い系サイトに登録したが、全く女性と出会える見込みがないという場合、出会い系サイト全体が女性と出会えるように装っていれば、民法上の詐欺または錯誤無効に該当する可能性があります。その場合、サイトへの料金の支払いを拒否することができます。

怪しいと感じたら、それ以上の利用料を支払うことはやめましょう。クレジットカードで月額払いにしている場合には、クレジットカード会社に連絡し、詐欺被害にあったので、今後の立替払いを止めるように申入れましょう。

サイト運営業者への対応 利用料金を支払わない。
支払った料金の返金を求めて交渉する。
クレジット会社への対応 今後の立替払いを行わないように申し入れる。

どうしてもお悩みの場合や、すでに振り込んでしまったような場合には、一度弁護士に相談してください。

Q 芸能人を名乗る人物とのメールのやりとりのなかで、200万円も支払ってしまいました。

出会い系サイトの被害で高額になりやすいのが、この質問のように、芸能人やそのマネージャーになりすまして悩み相談にのってほしいと相談をもちかけられる事案です。

当初のメールのやりとりは無料で、途中から本人が芸能人であることを信じ始めると、メールを継続するためのポイント購入を求められるようになるのが典型例です。

こうした被害は、本人が夢中になってしまい、詐欺ではないかと気付くのが遅れてしまうため、金額が大きくなりやすいのが特徴です。

このような事案では、そもそも相手業者を特定することが難しい場合が多いです。しかし、弁護士にご相談いただければ、電話番号などの情報から、弁護士会照会などの手続を利用して、会社名や個人名を特定できる場合があります。

また、利用者個人だけで交渉しても業者から相手にされなくても、弁護士名で交渉すれば、返金に応じてもらえることもあります。

サイト運営業者に対しては、詐欺罪による告訴などを交渉材料にすれば、告訴をおそれて、素直に返金してもらえる場合もあります。

弁護士に相談するメリット ●サイト運営業者を特定するための調査が可能
●業者との交渉力が高い
●裁判や告訴を交渉材料にできる

詐欺被害にあっても、泣き寝入りせずに、弁護士に一度相談されてみてはいかがでしょうか。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます