債務整理診断|借金トラブル

借金トラブルや債務整理診断について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。債務整理診断の方法を、3段階に分けて、わかりやすく解説します。

Q 債務整理診断とは何でしょうか?

債務整理診断とは、債務を整理する必要性・方法等を診断することを言います。たとえば、借金の返済がきつい場合、毎月の返済額を少なくする「任意整理」という方法があります。他方、借金の返済ができない場合、借金を無くす「自己破産手続」があります。

弁護士との相談では、借金をどのような形で清算するか等の相談が可能です。この記事では、法律事務所がどのような流れで「債務整理診断」等を行なうかを説明します。

一部のホームページで「債務整理の自己診断」ができるサイトがあります。確かに、自己診断は手軽で便利です。しかし、安易な自己診断は危険です。少なくとも、キチンとした法律事務所は、事実関係を丹念に調べ、法的に考えたうえで、債務整理診断を行なっています。また、そのような過程が、後の法的手続の申立書等にも反映されていきます。

自己破産等の倒産事件は、ご本人様だけでなく、ご家族、債権者等の複数の人がかかわる事件です。そのため、安易に自己診断をして判断してしまうと、関係者に迷惑がかかり、ひいてはご本人様の不利益になります。できる限り、お早目に法律事務所にご相談に行くことをお勧めします。

Q 債務整理診断で最初にすることは?

債務整理診断で最初に行うのは、「借金の整理&正確な把握」になります。
それでは、なぜ、「借金の整理&正確な把握」を行なう必要があるのでしょうか?

借金の総額がわかることで、返済できるのか、返済できそうもないのかが分かるからです。また、借金の中には、返済する義務がないものもあります。たとえば、消滅時効が成立している借金です。

法律事務所とご本人様とが、一緒に借金の整理をしていくと、上記のような借金が判明することがあります。また、保証債務など、借金の漏れも見つかることがあります。

Q 借金を把握した後、何をしますか?

借金の総額等を正確に把握した後、収入と財産を正確に把握します。それでは、なぜ、収入と財産を正確に把握する必要があるのでしょうか?

収入と財産を正確に把握することで、先ほど把握した借金を返済できるかどうかが分かるからです。また、たとえば、自己破産した場合に、どの財産を失う可能性があるのか知るためです。

法律事務所とご本人様とが、一緒に財産等を調べていくと、ご本人様さえ把握していなかった財産が見つかることがあります。このような財産が見つかることで、自己破産をせずに済むこともあります。また、仮に自己破産した場合に、隠匿等と疑われることを避けることもできます。

Q 借金と収入・財産を把握した後、何をしますか?

借金の総額、収入・財産の総額を正確に把握した後、初めて、どのような手続で債務を整理するかの判断を行います。借金を返済できそうであれば、任意整理、民事再生手続の利用を考えることになります。他方、借金を返済できなさそうであれば、自己破産手続の利用を考えることになります。

また、借金の整理を行なう中で、連帯保証人がいる、強制執行が行われていること等の事情が判明することがあります。手続の選択では、そのような事情も考慮して判断します。もちろん、ご本人様の意向が一番大事です。ご本人様の意向を踏まえ、弁護士が法的な申立て等の手続も採っていきます。

Q 自己破産の申立て後、弁護士は関与してくれますか?

自己破産の申立て後も、弁護士は破産手続に関与します。自己破産手続は、破産裁判所に申立てたらそれで終わりではありません。通常、半年から1年の期間、破産手続が続きます。

破産管財人(弁護士)が、裁判所によって選任されることも多くあります。破産管財人は、免責可能かどうか等の調査を行ないます。また、破産裁判所から、追加の資料等の提出を求められることがあります。破産裁判所が、財産隠匿等を疑う場合もあります。

これらの場合に、申立て弁護士が、破産管財人・破産裁判所に対応していきます。破産申立て段階で、疑義が生じないようにすることはもちろんです。しかし、破産申立て後に判明する事情もないわけではありません。

申立て弁護士は、ご本人様の言い分、また、その言い分を基礎づける資料を提出して、破産裁判所から不利な処分がでないよう、尽力することが可能です。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます