現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

借金と時効|借金トラブル

借金トラブルと時効について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。借金が消滅時効を迎えた場合、弁護士に依頼して、内容証明を送付すれば、借金がチャラになります

Q 借金の消滅時効の期間について教えてください。

借金の消滅時効の期間は、原則、10年になります(民法167条1項)。他方、商事消滅時効は、5年になります(商法522条)。なお、その他、特殊な債務ごとに消滅時効の期間が異なることもあります。

たとえば、友人・知人からの借金は、10年で消滅時効になります。信用金庫からの借金も、10年で消滅時効になります。

他方、消費者金融からの借金は、商事消滅時効として5年で消滅時効になります。また、銀行からの借金も、5年で消滅時効になります。

Q 借金が消滅時効になった場合の対応は?

借金の消滅時効期間が経過した場合、対応をする必要性があります。債権者に対し、消滅時効を援用するとの意思表示をする必要があります。その方法として、内容証明郵便を利用します。

消滅時効期間が本当に経過しているのか、どのような書面にするのか等、分からないことが多いと思います。弁護士に相談・依頼することで、安心して消滅時効の問題に対処することが可能となります。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます