現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

任意整理|借金トラブル

借金トラブルの任意整理について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。任意整理を選択できる場合は、財産を処分せずに済むなど、柔軟な和解が可能です。

Q 任意整理とは何でしょうか?

任意整理とは、貸金業者との間で、①借金の減額、②毎月の支払額の減額、③今後の支払利息を減らす等の交渉を行なうことを言います。

利息制限法の利率(年18%等)で、当初の借入金を再計算して借金を減額することも、任意整理になります。この借金の減額は、任意整理を行なう一番大きい理由になります。消費者金融は、契約書上、29%前後の利率でお金を貸していることが多いからです。

なお、利息制限法で認められている制限利率は次のとおりです。

借入金の元本 利率の上限
10万円未満 年利20%
10万円~100万円未満 年利18%
100万円以上 年利15%

【約定利率29.2%との差】
元本10万円未満
⇒制限利率20%
⇒差は9.2%

【約定利率29.2%との差】
元本10万円~100
⇒制限利率18%
⇒差は11.2%

【約定利率29.2%との差】
元本100万円以上
⇒制限利率15%
⇒差は14.2%

Q 利息制限法の利率に直すと、借金はどのくらい違ってきますか?

事例を使って、借金がどのくらい違ってくるかを説明します。事例として、消費者金融から73万円を借り、毎月2万円の返済をしていくケースを見てみます

【図の説明】
――系列1(グレーのグラフ)
⇒約定利率29パーセント時の元利金(元金+利息)の減少をグラフにしたもの
――系列2(青色のグラフ)
⇒制限利率18パーセント時の元利金(元金+利息)の減少をグラフにしたもの


縦軸の単位は(円)、横軸の単位は(月数)

利率29%のグラフ(――系列1、グレーのグラフ)は、穏やかなカーブでしか減少しません。そのため、完済まで時間がかかってしまいます。事例では、約89か月後、つまり、7年5か月後に借金を完済することができます。
他方、利率18%のグラフ(――系列2、青色のグラフ)は、利率29%のグラフと比べ、減少するスピードが速くなっています。事例では、約53か月後、つまり、4年5か月後に借金を完済することができます。利率が29%か18%かで、完済まで約3年も違ってくることが分かります。

任意整理は、利率29%のグラフを利率18%のグラフに移すものです。そのため、借金が大幅に減ることがあります。場合により、借金を完済しているだけでなく、払い過ぎていたという状況にもなります。前者では、任意整理が必要となります。後者では、過払い金の返還請求が必要となります。

Q 任意整理ができるのは、どのようなケースですか?

消費者金融が応じやすいのは、借金を3年以内に完済できるケースになります。必ずしも、現時点の借金を3年以内に完済するという訳ではありません。つまり、まず、制限利率(年18%等)の利率で引き直し計算を行います。そして、減額された借金を3年以内に完済するということです。

また、任意整理後、将来利息はカット等される条件での支払いになります。多くのケースでは、任意整理時点での元金を支払っていきます。

3年以内の分割返済を続けていくのは大変なこともあります。弁護士に相談することにより、個別・具体的な状況をもとに、任意整理をとることができるか判断できます。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます