不貞・浮気|男女トラブル

不貞・浮気の男女トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。妻や夫が不倫した場合、原則として慰謝料を請求できます

Q 婚約相手が浮気をしました。慰謝料を請求することはできますか?

婚約は、将来結婚しようとうする2人の約束(契約)です。したがって、その約束を不当に、あるいは一方的に破棄した場合には約束違反となり、損害賠償請求が可能となる場合があります。

ただ、婚約の場合は、婚姻している場合と異なり、そもそも、婚約が成立しているのかどうか、というところから問題になることもあります。

一般論としては、将来結婚しようとする双方の婚約意思に加えて、一定の婚約を示す事実状態(たとえば、同棲していること、婚約指輪を購入していること、結婚式場の予約をしていることなど)が必要になります。

このような婚約中の問題についても、慰謝料請求をすることが可能なケースもありますので、一度弁護士に相談するべきでしょう。

将来結婚しようという意思の合致のみ 法的保護に値する婚約とまでは言えない可能性がある。
将来結婚しようという意思の合致

婚約を示す事実状態
法的保護に値する婚約として、不当な婚約破棄に対する法的措置の可能性あり

Q 夫、妻が浮気をしました。離婚はしたくありませんが、浮気相手に慰謝料請求をしたいです。

婚姻中に浮気をした場合、不貞行為として慰謝料請求をすることができます。この慰謝料請求の対象となるのは、配偶者(自分の妻、夫)及び浮気相手になります。

理論的にいえば、不貞行為は平和な家庭生活を乱す不法行為になりますから、浮気をした配偶者(自分の妻、夫)と浮気相手の共同不法行為ということになります。

上記のQの場合、配偶者のことは許すことができても、相手方を許すことができない、ということもあるでしょう。

しかし、感情のまま怒りをぶつけても、逆にこちらが不利になることもあります。弊所では、法律的なサポートのみならず、依頼者様のお気持ちも踏まえて適切な方法をご提案いたします。

また、弊所では刑事事件を専門的に取り扱っていた経験を生かし、タフで粘り強い交渉を行います。

Q 不貞行為に対して慰謝料請求をしたいけど、方法がわからない・・・・。

不貞行為に対する慰藉料請求をしたいけれど、どうやっていいかわからないこともあると思います。

主要な交渉手段としては、

・訴訟外の交渉

・調停

・訴訟

が主要な手段になります。

各手段は、それぞれメリット、デメリットがあります。事件によって、それぞれ事情も異なりますし、求めるニーズも様々だと思います。どのような方法が適切か、具体的事案を元に、弊所弁護士がご提案いたします。

弁護士に依頼して、交渉や訴訟を委任することも、当然可能です。慰謝料請求の方法、手段についてお悩みの場合も、是非弁護士にご相談ください。弁護士が、丁寧にお話をお伺いいたします

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます