ヤミ金被害|借金トラブル

借金トラブルやヤミ金被害について、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。ヤミ金融からお金を借りてしまった場合には、返済を直ちにストップし、弁護士にご相談ください。

Q ヤミ金融とは何でしょうか?

ヤミ金融とは、貸金業登録を行わずに、貸金業をする者のことを言います。ヤミ金融は、貸金業登録をしていない点で貸金業法に違反しています。また、ヤミ金融は、暴利をとっており、利息を制限する出資法にも違反しています。

ヤミ金融と言っても、様々な業者がいます。ヤミ金融の中には、暴力団関係者から、普通の一般人までいます。金融庁のホームページで調べると、正規の貸金業者が分かります。ただし、正規の貸金業者を名乗っているだけのヤミ金融もいます。確認するには、注意が必要になります。
金融庁のホームページ:http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

Q ヤミ金融に対して返済する義務がありますか?

ヤミ金融から借金した場合、利息元金ともに支払う義務はありません
最高裁判決も、ヤミ金融に対する返済する義務を否定しています。なぜなら、ヤミ金業は、著しく高利の貸付けを行ない、違法に多大の利益を得ています。そのような行為は反倫理的行為であり、法律上の保護に値しないからです(最判平成20年6月10日参照)。

なお、ヤミ金融が、裁判所に訴えるようなこと自体、ほとんどありません。もし、ヤミ金融が裁判所に出席したとしたら、警察に通報して身柄を押さえたいくらいです。また、同じように、ヤミ金融が、直接取り立てにくることも、通常、ありません。もし、ヤミ金融が、直接取り立てに来たら、すぐに警察に通報してください。ヤミ金融を行なっていること自体が犯罪だからです。

Q ヤミ金融に対して返済した方がよいですか?

返済すべきではありません。ヤミ金融への返済を行なっていくと、悪循環に陥ります。

たとえば、返済するために、紹介された別のヤミ金融から借金をするケースがあります。そうすると、借金が膨れあがり、最終的には返済に行き詰ります。このような場合、膨れ上がった借金に負い目も出てきます。ヤミ金融からの違法な要求もエスカレートし、借り手が犯罪に加担してしまうようなケースもあります。

ヤミ金融からの借金は、いずれ返済することはできなくなります。傷が浅い内に、弁護士、警察等に対処してもらう必要があります。

なお、お金が足りない場合、ヤミ金融に頼らないでください。生活保護などの公的扶助を検討してください。確かに、収入があり生活保護を受けることが出来ない場合もあります。しかし、弁護士に相談することで、生活保護を受けることができるようになることもあります。

また、収入があっても、消費者金融等への返済で消えている場合があります。その場合には、自己破産手続等をとることができます。自己破産手続等をとれば、借金を無くすことも可能です。

現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます