現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

セクハラ|男女トラブル

セクハラの男女トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。どのような言動、行為がセクハラに該当し、どのような対処をするのが適切なのか、正確な理解が大切です。

Q どういった行為がセクハラになるの?

何がセクハラに該当するか、という疑問は、セクハラ問題の入り口でありながら、非常に難しい問題を秘めています。

一般論として、セクハラに該当するかどうかは、「相手の望まない性的言動」かどうか、で判断されています。「言動」なので、行為はもちろんのこと、発言のみであってもセクハラに該当することになります。

また、何が「性的」なのか、ということを明確に線引きすることは難しいですが、「性別に関すること」、「身体的特徴に関すること」は、性的と評価される可能性が高いです。

また、それ以外でも「個人のプライバシーに関すること」は、極力発言しないほうがいいでしょう。男女トラブルを避けるためにも、性的な言動には注意をしたほうがいいのです。

具体例
明確にセクハラに該当する言動 ・体に直接触れる
・性的関係要求する
・宴会などでお酌を強要する、隣席に座るように要求する
避けたほうがいい言動 ・執拗に交際関係などを聞く
・スリーサイズなど身体的な質問をする
・相手が不快になるような性的冗談を言う

Q 食事に誘ったら承諾してくれました。業務外のプライベートな時間でもセクハラは成立するのですか?

理論的には、成立します。

セクハラが大きく問題になるのは、主に職場が中心です。しかし、プライベートな時間であっても、セクハラが成立することは十分にあり得ます。セクハラは、前述したように、「相手の望まない性的言動」なのです。

したがって、プライベートな時間であっても、限度を超えた性的な言動は、セクハラに該当し、場合によっては損害賠償責任を負ったり、最悪の場合、刑事事件に発展する可能性があります。

民事上の責任 刑事上の責任
体を触る 損害賠償責任を
負う可能性あり
刑事事件になる
可能性あり
性的な発言 損害賠償責任を
負う可能性あり
刑事事件化の
可能性は低い

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます