現在、刑事事件加害者側・交通事故以外の新規相談受付を中断しております。弁護士をお探しの方は、日本弁護士連合会「弁護士情報提供サービス ひまわりサーチ」をご利用ください。

ストーカー|男女トラブル

ストーカーの男女トラブルについて、足立区・北千住の弁護士に相談したい方へ。ストーカー被害に遭った、ストーカーとして警告を受けた場合のいずれも、ストーカーについて正しい知識を理解しましょう。

Q どういった行為がストーカーになるのでしょうか?

典型的な例としては、つきまとい、待ち伏せなどが、ストーカー規制法に規定されている「つきまとい等」に該当する可能性があります。

具体例としては、以下のとおりです。

行為の例 該当可能性のある条文
つきまとい行為 2条1項1号
待ち伏せ 2条1項1号
面会の要求 2条1項2号
嫌がる相手に何度も電話をする 2条1項5号
相手の秘密を告げる 2条1項7号
わいせつな写真を送りつける 2条1項8号

以上の行為を行ったり、反復継続したりすると、場合によっては刑事処罰を受ける可能性があります。

Q ストーカー行為をされている可能性があります。どうしたらいいでしょう。

まずは警察に相談するのが一番よいでしょう。しかし、場合によっては、証拠がない、被害がないと動けない、と言われ、一旦様子を見ましょう、ということになる可能性もあります。

ストーカー行為を受けてる者からすれば、毎日が恐怖の連続です。精神的に疲弊し、仕事に支障が出たり、日々の生活を楽しむことができず、暗い気持ちで過ごすようになってしまうこともあります。

そういった場合には、警察のほかにも、弁護士に一度相談してみてください。

Q ただ、好意を持っているだけなのに、ストーカーだと言われてしまいました。

先ほどのQAでも記載したとおり、つきまとい等に該当する可能性がある行為は多岐にわたります。つきまとい等であると判断された場合には、警察から警告を発せられることがあります。その警告に反して行為を継続した場合には、逮捕勾留され、刑事処罰を受ける可能性もあります。

多くのストーカー行為規制法違反の事件において、加害者側は、ただ好意を伝えたかっただけであり、相手方を不安にさせたり、怖がらせたりするつもりはなかった、という場合も多いです。その一方で、気持ちがエスカレートしてしまい、自分では気がつかないうちに、相手を不安にさせてしまっている可能性があります。

もし、自分の行為がつきまとい等や、ストーカー行為に当たるのか不安に思った場合には、弁護士に相談してみましょう。

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます